IDTの新しいクロックジッター減衰器/周波数シンセサイザ製品をエプソンのVCXOと組み合わせることで、40/100/400GbpsイーサネットPHYや各種高性能アプリケーションをサポート

 IDT® (Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)と水晶振動子技術の世界的リーダー*1であるセイコーエプソン社(東京証券取引所:6724、略称「エプソン」)は4月17日、通信およびデータセンターアプリケーションにおける位相ノイズの課題に対応する超高性能タイミングソリューションを発表しました。IDTの新しいジッター減衰器/周波数シンセサイザ「8V19N474」とエプソンの高性能電圧制御水晶発振器(VCXO)「VG-4513」の組み合わせにより、40/100/400Gbpsイーサネットタイミングなど、要件の厳しいアプリケーションに対応可能な業界最高の位相ノイズ性能を実現します。

 新しい8V19N474ジッター減衰器/周波数シンセサイザは、75フェムト秒(fsec)という極めて低いRMS位相ノイズ性能を備えており、28Gbps規格から56Gbps PAM4(TX)PHYベースのイーサネットインタフェースに移行する際や、各種の高性能SerDesアプリケーションを採用する際に求められるクロック要件に対して、十分なタイミングマージンで対応することができます。

 さらに、最大12個のリファレンスクロック信号を生成し、さまざまな高性能同期クロックを出力できるため、高度なアプリケーションのイーサネットやOTN(OTU3、OTU4)に最適で、ADC/DACコンバータやケーブルTVヘッドエンド、DOCSIS 3.1アプリケーションにも対応します。また、有線通信向けにこのソリューションを利用した場合、外部フィルタなしに、位相ノイズ、ビット誤り率、信号対雑音比(SNR)といった物理層仕様に準拠することができます。低ドロップアウト(LDO)レギュレータが内蔵されており、低コストのDC/DC電圧源を利用できるため、部品コストを抑えることができます。

 エプソンのVG-4513 VCXOは、このソリューションの中核的かつ実績のあるコンポーネントです。HFF(高周波基本波)水晶振動子を採用したエプソンのVG-4513 VCXOは、非常に低い近傍位相ノイズ性能を実現します。また、IDTの8V19N474に内蔵されているVCOは、高オフセット周波数において優れた位相ノイズ性能を発揮します。

 IDTのタイミング製品部門ゼネラルマネージャであるKris Rauschは、次のように述べています。「今回のIDTとエプソンの協業は、今日の最先端の設計に必要とされるタイミングテクノロジーを提供するというIDTの取り組みを実証するものです。両社の共同ソリューションは、業界最高のデータ転送が求められる超高速イーサネットアプリケーションの開発を促進します」

 エプソンの執行役員マイクロデバイス事業部の北村政幸氏は、次のように述べています。「エプソンは、ネットワークタイミング技術の開発に尽力しています。当社のVCXOは、極めて低い位相ノイズ性能を備え、高速の電気的インタフェースや光モジュール、基地局を実現します。今回、IDTとのコラボレーションにより、同期イーサネットやIEEE-1588、データセンターおよび通信キャリアのインフラ、基地局向けRFコンバータなど、幅広いネットワークアプリケーションに対応するリファレンスデザインが誕生しました」

 IDTの8V19N474は、125MHzや156.25MHzを含む、25~2500MHzの幅広い出力周波数範囲に対応し、振幅の調整が可能なLVDS出力およびLVPECL出力を実現します。IDTの8V19N474は8×8mmの81ピンCABGAパッケージで、エプソンのVG-4513は7×5×1.6mmまたは5×3.2×1.3mmのセラミックパッケージで提供しています。

*1:水晶振動子および水晶発振器の市場シェアは第1位(市場調査会社CS&Aの2015年度市場報告による) 

IDT社について

 IDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。RF、リアルタイムインターコネクト、ワイヤレス給電、シリアル・スイッチ、インタフェース、車載用ASIC、電源管理IC、センサーシグナルコンディショナICや環境センサーは、システムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器、車載、産業の用途向けに完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.idt.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeGoogle+ でもお調べいただけます。

IDT、IDTのロゴおよびZMDIは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

《本プレスリリースに関するお問合せ先》
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-6453-3039 FAX: 03-6453-3011 E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations