この連携により第3世代RapidIOスイッチの開発が加速するとともに RapidIOエコシステムを拡大

2014年7月15日

IDT®社(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)とeSilicon社(eSilicon Corporation)は本日、無線、組み込み、コンピューティング・インフラ用の新たなシステム・アーキテクチャの性能に対する要求の高まりに対応すべく、次世代RapidIO®スイッチの開発促進に向けて連携することを発表しました。両社はまず、RapidIO 10xN仕様をベースにポート当たり40 Gbpsで動作するRapidIOスイッチの研究開発を共同で行います。

この連携で共同開発されるスイッチは、次世代の無線基地局、クラウドRAN(無線アクセスネットワーク)、モバイルエッジ・コンピューティングなど進化を続けるキャリアネットワークにおいて、新たなポータブル機器の利用増加に伴うデータ使用量の爆発的増加に迅速に対応できる機器の実現を可能にします。

「設計から実装・大量生産までをカバーするこの共同研究開発の取り組みは、高容量・高帯域の基地局などキャリア・プラットフォームのニーズに対応する新世代RapidIO製品の市場投入を促進することを目的としています」と、eSilicon社CEOのJack Harding(ジャック・ハーディング)氏は述べています。「高速SerDesの導入やカスタムメモリの設計などといった28nm実装に関するeSilicon社の専門技術は、RapidIOの設計に関するIDT社の専門技術を強力に補完するものです。」

RapidIO 10xNスイッチは、100nsの低レイテンシ、ポート当たり40 Gbpsの帯域、40億個以上のネットワークノードへの拡張性という最適な組み合わせを実現します。共同開発するデバイスは、LTE-Advanced(LTE-A)、C-RAN、5Gといった新世代の基地局プラットフォームを対象としますが、ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)プラットフォームと併設される基地局など新興のアーキテクチャでも使用できます。

現在、IDT社のポート当たり20 Gbpsのスイッチ製品は、世界中に展開されている既存の3G/4G基地局でDSP、マイクロプロセッサ、ASICをクラスタリングするためのインターコネクトにおける、事実上の標準となっています。両社は今回の連携により、現行のスイッチ製品とブリッジ製品のポートフォリオを構築し、最初の共同開発製品を2015年後半に発売する予定です。

「通信インフラが進化を続けるためには、インターコネクトの進歩が欠かせません」と、IDT社CEOのGreg Waters(グレッグ・ウォーターズ)は述べています。「当社の現行のRapidIOスイッチは世界のほぼすべての4G基地局に使われています。しかし、現在開発が進行中の次世代の基地局とC-RANは、かつてなく高い性能を必要とします。eSilion社との連携により、当社はRapidIOの開発を加速し、お客様と通信業界全体にメリットをもたらすことができます。」

「IDT社とeSilion社との今回の連携は、RapidIO技術をポート当たり40 Gbpsへ、さらには100 Gbpsへと移行させるもので、RapidIOエコシステムの成長にとって意義深い一歩です」と、RapidIO.orgエグゼクティブディレクターのRick O’Connor(リック・オコナー)氏は述べています。「帯域と容量の拡大を必要とする性能重視のコンピューティング・アプリケーションの開発者にこの連携は歓迎され、プロセッサ、DSP、FPGAなどRapidIOエコシステムのパートナー企業によるRapidIO 10xN技術の導入が加速することは間違いないでしょう。」

IDT社について
IDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.idt.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでもお調べいただけます。

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

eSilion社について
eSilion社は独立系大手の半導体設計・製造ソリューション企業で、迅速・柔軟・低リスクかつ自動化された大量生産の手法により、OEM、独立系デバイス製造業者(IDM)、ファブレス半導体企業(FSC)、ウエハー製造業者にカスタムICとカスタムIPを供給しています。通信、コンピューティング、民生、工業用途、医療などさまざまな市場に製品を提供しています。 www.esilicon.com. 

eSiliconおよびeSiliconのロゴと「Enabling Your Silicon Success」はeSilicon Corporationの商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

 

本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-6453-3039 FAX: 03-6453-3011 
E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations