SoCとの親和性が高いIDT社の超低電力PCIeバッファは、最新のSoCと同じ
1.5V電圧レールを使用することで、システムを簡素化しサイズと消費電力を削減

2014年8月5日

IDT®社(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、業界をリードするPCIeタイミング・ポートフォリオを拡大する業界初の1.5V PCI Express(PCIe®バッファ製品を発表しました。IDT社の新しいUシリーズ超低電力PCIeバッファは、最新のSoC(systems-on-chip)やフィールド・プログラマブル・ゲートアレイ(FPGA)と同じ供給電圧で動作します。設計者は同じ電源レールを使用できるため、システムを簡素化でき、物理的サイズと消費電力を削減できます。

9DBUバッファは、ほぼすべてのPCIeの用途で使用できるよう2~9出力の構成で提供されます。非PLLファンアウトとPLLゼロ遅延バッファの両モードに対応しています。

「IDT社は性能と電力の両面でタイミング業界を常に牽引してきましたが、最新のデバイス・ファミリーは当社のリーダーとしての地位をさらに強化します」と、IDT社タイミングおよびRF部門ゼネラルマネージャ兼バイスプレジデントのDave Shepard(デイブ・シェパード)は述べています。「SoCとFPGAはより低い供給電力へと移行しており、IDT社はこのトレンドに対応するためにPCIeタイミング・ソリューション・ポートフォリオを拡大しています。当社の1.5Vソリューションは低電圧により省電力化できると同時に、お客様は電源レールを統合してシステムを簡素化できます。この新しいタイミング・ソリューションは、通信、コンピューティング、消費者市場向けのIDT社の1.8V PCIeクロック Vシリーズを補完するものです。」

デバイスのオプションには外部終端と内部終端が含まれます。これにより設計者は、外部終端回路によって最大限の柔軟性を確保するか、内部終端を使用して最大限の省スペースを実現するかを選択できます。ファミリーの全製品が1.5Vの供給電圧で動作するため、PCIeタイミング・デバイスとしては業界最小の消費電力となり、8出力デバイスが使用する電力はわずか40mW(ミリワット)です。そのため冷却要件を低減し、運用コストを削減できます。

1.5V Uシリーズのデバイスは、幅広く採用されているIDT社の1.8V Vシリーズとピン互換性があり、SoCの動作電圧がさらに低くなっても簡単に置き換えが可能です。9DBUバッファはPCIe第1・2・3世代に準拠しており、そのため設計者は複数世代の製品で同じ部品を使用することができます。

9DBUバッファのパッケージは4×4mm~6×6mmの標準VFQFPNパッケージです。IDT社のPCI Expressソリューションの豊富なポートフォリオについての詳細はwww.idt.com/go/PCIeをご覧ください。

IDT社のクロック・タイミング・ソリューション
IDT社は、タイミング分野向け半導体製品の世界的リーダーです。その製品ポートフォリオは、この分野の競合企業と比べて10倍以上の規模を誇ります。それにより、事実上あらゆるアプリケーション・ニーズに応えられる特別な企業としての地位を得て、業界で最大の市場シェアを獲得しています。IDT社は、タイミング分野で唯一の“ワンストップ・ショップ”として、完全なシステム・ソリューションから単体のクロック生成用デバイスまで、多様な製品を提供しています。工場からの出荷時に設定可能なオプションや、カスタマイズ可能なクロック・ソリューションによって個々のお客様の要望に応えるとともに、競合企業との差別化を可能にするジッター性能や消費電力性能を備えた製品を提供します。各製品のサポートは、世界レベルの専門技術と責任感を併せ持つチームが担当します。IDT社は、その傘下にあるFox Electronics社の発振器シリーズ「XpressO®や、周波数制御用の製品についてもポートフォリオを広げています。業界をリードするIDT社のタイミング製品ポートフォリオについては、www.idt.com/go/timingをご覧ください。

IDT社について
IDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.idt.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでもお調べいただけます。

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-6453-3039 FAX: 03-6453-3011 
E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations