最近認証を更新したドレスデンの ZMD AG 工場に続いて IDT の ペナン工場バックエンド生産フロアが自動車産業向け認証取得

IDT®(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、子会社 ZMD AG を通じてグループ第二の検査・生産拠点で TS 16949 認証を取得し、車載事業を拡張したことを発表しました。すでに長期間稼働しているマレーシア ペナン州の生産拠点は TS 16949 『品質マネジメントシステム - 自動車製造や関連する交換部品に携わる組織にISO 9001:2008を適用する際の要求事項』 の二段階認証プロセスに合格しています。これにより IDT は車載事業向けに二箇所の検査・生産拠点を持ち、グローバルに展開する顧客の大量の発注に対して、異なる場所からの供給の安全性を提供できるようになりました。

新しいペナンの自動車バックエンド生産フロアは、ドイツ、ドレスデンにある ZMD AG の IDT Automotive Center of Excellence と連携します。ドレスデンの工場は IDT が2015年12月に買収した企業 ZMDI の名義で2004年にすでに認証を取得しており、6月にとどこおりなく認証を更新しています。両方の施設で、クラス 100 のウエハーテスト、クラス 1000 の最終テストが可能です。

IDT オートモーティブインダストリー部門のバイスプレジデントである Frantz Saintellemy は、「二つ目の施設が認証を取得したことは IDT の自動車事業拡張にとって重要な一歩といえます」と述べています。「生産施設を二箇所にすることで顧客への継続した供給を確保でき、ZMDI での立ち上げ経験が、事業の立ち上がりを確かなものとします。今年末にペナン工場の完全稼働を予定しています」。

本リリースの詳細について、IDTのYourTubeチャンネルでもご覧いただけます。

IDTについて

IDT 社(Integrated Device Technology, Inc.) はお客様のアプリケーションを最適化できるシステムレベルのソリューションを開発しています。RF、タイミング、ワイヤレス給電、シリアルスイッチ、インタフェース、車載用のASIC、バッテリマネジメントIC、センサーシグナルコンディショナICや環境センサーなどの市場をリードするIDT製品は、通信、コンピュータ、コンシューマ、車載、産業向けの用途に広範囲なミックスドシグナルソリューションを提供しています。本社はカリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社 の株式は NASDAQ Global Select Stock Market®で取引されています。証券コードは「IDTI」。詳しくはwww.idt.comをご参照ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeGoogle+ もご参照ください。

IDT、IDTのロゴおよびZMDIは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

《本プレスリリースに関するお問合せ先》
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-6453-3039 FAX: 03-6453-3011  E-mail: mayumi.honda@idt.com  

Available Translations