新たなタイミング技術を駆使したソリューションにより、高性能の通信/ネットワーク用途における
位相ノイズの課題を解決可能に

2013年5月28日

“The Analog and Digital Company™”としてミックスド・シグナルICのソリューションを提供するIDT®(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は、本日、革新的な技術を適用したVCO電圧制御発振器)とフラクショナル分周器を開発したことを発表しました。いずれも、業界最小の位相ノイズを達成しています。それらの最新技術は、タイミング分野におけるIDT社のリーダーシップを強化し、高性能の通信/ネットワーク用途において位相ノイズに起因して発生するさまざまな課題の解決に貢献します。

IDT社が新たに開発したVCO技術は、クロック発生器を次世代のレベルに導くものです。1kHz~61.44MHzの広い積分範囲に対するRMS(実効値)位相ジッターとして、50fs未満の値を達成することが実証されています。このように位相ノイズを極めて小さなレベルに抑えたことで、無線基地局や有線ネットワークなどで使われる高性能の通信機器において、最高品質のリファレンス・クロックを生成することが可能になります。リファレンス・クロックの品質を高めれば、送信側の通信信号の品質が改善され、受信側の信号リカバリの性能が強化されます。その結果、誤り率が低減され、データのスループットが向上します。信号パス上のノイズが低減されることにより、フィルタを簡素化できるので、お客様はシステムにおけるトータル・コストの削減というメリットを享受することができます。

併せて、IDT社は革新的なフラクショナル分周器も開発しました。これにより、PLLの動作周波数とは独立した任意の周波数出力を生成可能になります。その出力では、12kHz~20MHzの標準的な積分範囲における積分RMS位相ジッターが0.7ps未満という高い性能が得られます。位相ノイズが極めて小さいこのフラクショナル分周器を使用し、単一のPLLを基にして複数の独立した周波数クロックを生成すれば、ノイズに対して敏感な通信分野の用途で大きなメリットを得ることができます。

IDT社のバイスプレジデント兼タイミング/同期製品部門ゼネラルマネージャを務めるChristian Kermarrec(クリスチャン・ケーマレック)は、「タイミング・ソリューションの世界的リーダーとして、低ノイズのクロック技術に関する最先端の成果を発表できることを、当社は非常に誇りに思っています」と述べています。そのうえで「位相ノイズは、無線カードのデータ・コンバータ用クロックや光伝送ネットワークのライン側用リファレンス・クロックを生成する際に、お客様が直面する最も困難な課題です。IDT社は、この課題の解決に貢献する革新的な技術を提供します。位相ジッターが50fs未満のVCO、同0.7ps未満のフラクショナル分周器は、お客様が開発するシステムにおいて、誤り率を下げるためのリソースを少なく抑え、性能を高めることに寄与します。IDT社は、これらの製品を数カ月以内に出荷する予定です」と続けました。

IDT社のタイミング製品や通信分野向けのシグナル・チェーン製品については、www.IDT.comをご覧ください。

IDT社のクロック・タイミング・ソリューション
IDT社は、タイミング分野向け半導体製品の世界的リーダーです。その製品ポートフォリオは、この分野の競合企業と比べて10倍以上の規模を誇ります。それにより、事実上あらゆるアプリケーション・ニーズに応えられる特別な企業としての地位を得て、業界で最大の市場シェアを獲得しています。IDT社は、タイミング分野で唯一の“ワンストップ・ショップ”として、完全なシステム・ソリューションから単体のクロック生成用デバイスまで、多様な製品を提供しています。工場からの出荷時に設定可能なオプションや、カスタマイズ可能なクロック・ソリューションによって個々のお客様の要望に応えるとともに、競合企業との差別化を可能にするジッター性能や消費電力性能を備えた製品を提供します。各製品のサポートは、世界レベルの専門技術と責任感を併せ持つチームが担当します。IDT社は、その傘下にあるFox Electronics社の発振器シリーズ「XpressO®や、旧来の水晶発振器を急速に置き換えつつある革新的なMEMS発振器シリーズなど、周波数制御用の製品についてもポートフォリオを広げています。業界をリードするIDT社のタイミング製品ポートフォリオについては、www.idt.com/go/timingをご覧ください。

IDT社について
The Analog and Digital Company™ のIDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。製品はIDT Direct™からも購入できます。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.IDT.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでもお調べいただけます。

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。
 

本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイ・ビルディング1F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-5740-3145 FAX: 03-5740-3103 
E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations