ベースバンド・ユニットとリモート無線ユニットを
光ファイバで接続可能にすることで、システム・コストの低減を実現

2013年2月26日

”The Analog and Digital Company™”としてミックスド・シグナルICのソリューションを提供するIDT®(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、3G/4Gワイヤレスの基幹システム向けに業界最高の性能を提供するデータ圧縮用IP(Intellectual Property)を発表しました。ベースバンド・データの圧縮機能を提供するものであり、IDTの特許技術を活用して実現されています。これを使用することにより、ベースバンド・ユニット(BBU:Baseband Unit)とリモート無線ユニット(RRU:Remote Radio Unit)の接続に低コストの光ファイバ・ケーブルを使用することができ、システムのコストを低減することが可能になります。

ワイヤレス通信装置の業界では、性能に対する要求とコストに対する要求の両方を満たすことがますます難しくなっています。そうしたなか、多くのメーカーは、低速(2.5Gbps程度まで)/低コストの光ファイバ・リンクでやり取りできるデータ量を増大するためのソリューションを求めています。IDTのデータ圧縮用IPは、2:1から4:1のデータ圧縮比を提供することで、この問題を解決するものです。ワイヤレス性能として必要とされるレベルの信号品質を保持しつつ、高い信頼性でのデータ圧縮を実現することにより、低コストのケーブルを利用することを可能とします。このデータ圧縮用IPは、CPRI(Common Public Radio Interface)仕様の最大ライン・レートで稼働する4Gシステムに求められるEVM(エラー・ベクトル振幅)性能を満足しつつ、3:1のデータ圧縮を実現できる業界唯一のIPです。FPGAまたはASIC向けに提供され、GSM、W-CDMA、LTEの各システムを最適にサポートすることができます.

IDTでバイス・プレジデント兼通信部門のゼネラル・マネージャを務めるTom Sparkmanは、「この業界最先端のデータ圧縮用IPは、お客様が高い性能と高いコスト効率のワイヤレス通信ソリューションを開発するために必要となるツールとサポートとともに提供されます」と述べています。そのうえで、「当社のデータ圧縮用IPは、圧縮比が3:1の条件でも4Gワイヤレスに求められるEVM性能を実現できるという優れた特徴を有しています。このことから、競合他社に対する優位性を求めるすべてのBBUメーカーにとって、極めて魅力的なソリューションとなります。当社は、Serial RapidIOインターコネクト、RF信号パス、タイミング制御、高速データ・コンバータなどに関する成果を融合することにより、業界で最も完成度が高く、強力なワイヤレス信号チェーンのソリューションを提供します」とコメントしています。

このデータ圧縮用IPを使えば、圧縮/伸張処理の信号チェーン全体における遅延を1μs以下に抑えられます。この値は、システム全体の動作に及ぼす影響という意味では無視できるレベルです。通常、このデータ圧縮用IPは、無線アクセスを伴うネットワーク内で、BBUとRRUとの間のリンクでやり取りされるデータの圧縮に使用しますが、マスター・ユニットとスレーブ・ユニットとの間のリンク上にあるリピータ・システムで扱うデータを圧縮するためにも使用できます。この特徴により、光ファイバ・リンクと光コネクタの数を減らすことでき、消費電力とコストの大幅な低減が可能になります。

データ圧縮用IPに関する詳細情報は、www.idt.com/go/CompressionIPをご覧ください。

IDT社について

The Analog and Digital Company™ のIDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.IDT.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでもお調べいただけます。

 
IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。
 

本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイ・ビルディング1F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-5740-3145 FAX: 03-5740-3103 
E-mail:
mayumi.honda@idt.com

Available Translations