IDT社は、グリッチなしのDSAによってワイヤレス通信ポートフォリオを拡張、ソフトウエア・インタフェースを簡素化、信頼性を向上し、高価なサブアセンブリへのダメージを防ぎます。

2012年11月12日

\ミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供するthe Analog and Digital Company™のIDT®社(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、マルチスタンダードの4G、3G、2Gセルラー基地局や産業用アプリケーションにおいて、MSB(最上位ビット)遷移時の過渡的グリッチを最大で95%削減する新しいデジタル・ステップ・アッテネータ(DSA)を発表しました。IDT社のグリッチのないGlitch-Free™ DSAによって、顧客は、ソフトウエア・インタフェースを簡素化し、信頼性を向上し、パワー・アンプなどの高価なサブアセンブリへの損傷を防ぐことができます。

IDT F1950F1951は、無線基地局装置(BTS)の受信、送信、デジタル・プリディストーション(DPD)パスで要求される条件に最適化されたデジタル・ステップ・アッテネータです。IDT社の革新的なGlitch-Free技術は、セルラー通信システムの送受信パスでオーバーシュート(グリッチ)の減衰設定を省けると同時に、挿入損失を削減し、歪み特性を改善します。これは、BTS内のハードウエアとソフトウエア・インタフェースを非常に簡素化し、コストを削減し、オーバーヘッドを最小化します。非常に低いIM3(3次相互変調)歪みによって、DPDパスのパフォーマンスが向上し、トランスミッタのスペクトル・マスク準拠性が良好になり、消費電力がより低減されます。IDT F1950(7ビット)とF1951(6ビット)のDSAは、IDT社の包括的なワイヤレス通信ポートフォリオを拡張します。このポートフォリオには、RFミキサー、可変利得アンプ(VGA)、RapidIO(R)シリアル・スイッチング、業界をリードするタイミング、データ変換、およびデータ圧縮製品などが含まれます。

「IDT社の新しいDSAは、当社の顧客が要求している通信シグナルチェーンのもう1つの重要なビルディングブロックです。競合品のDSAは、MSBの遷移中のグリッチが最大10dBですが、当社のGlitch-Free DSAは0.5dB未満に制限しているので、顧客にとってパフォーマンスの重要な利点となります。さらに、大きな減衰範囲と高分解能は、最も一般的なすべての無線プラットフォームにサービスするために必要とされる柔軟性を顧客に提供します。これらの最新の製品は、市場の強い牽引力に貢献している無線通信ソリューションの革新的なポートフォリオを強化します」とコミュニケーション部門のゼネラルマネージャ兼バイスプレジデントのTom Sparkman(トム・スパークマン)は述べています。

IDT F1950とF1951は、100MHzから4000MHzの範囲で動作し、パラレルまたはシリアルのインタフェースを介して通信することができます。デバイスは、4G LTE(long-term evolution)、時分割複信(TDD)、広帯域符号分割多元接続(WCDMA)、EGSM(extended global system for mobile communications)や、その他の一般的なシステムで電力レベルを設定する用途に最適です。このDSAは、非常に低い挿入損失(2GHzで1.3dB未満)で、かつ非常に高精度(全温度範囲で0.2dB未満)なので、レシーバ・パスで感度と信号対雑音比(SNR)を改善できます。

IDT F1950とF1951は2品種とも4mm×4mmの24ピンQFNパッケージに封止しています。IDT社のRFソリューションについての詳細は、ウエブサイト(ja.idt.com/go/RF )をご参照ください。

《IDT社について》
The Analog and Digital Company™ のIDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステム・レベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これを利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供します。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点を持っています。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.IDT.comをご覧ください。Facebook、LinkedIn、Twitter、YouTubeでもお調べいただけます。

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使われるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

 
《本プレスリリースに関するお問合せ先》
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイ・ビルディング1F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-5740-3145 FAX: 03-5740-3103 
E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations