IDT社の最新のEyeBoost™ リタイマが、コンピューティング、ストレージ、
通信用途の長距離接続やノイズの多い接続で信号品質を回復させることで
PCIe第3世代の性能と信頼性を改善

2013年9月17日

“The Analog and Digital Company™”としてミックスド・シグナルICのソリューションを提供するIDT®(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は、本日、業界初の16レーンPCI Express® 3.0信号コンディショニング・リタイマを発表しました。IDT社の新しいEyeBoost™ リタイマは、コンピューティング、ストレージ、通信用途の長距離接続やノイズの多い接続で信号品質を回復させることでPCIe® の性能と信頼性を改善します。このデバイスは業界をリードするIDT社のパケットスイッチクロックデバイスのポートフォリオを拡大し、完全なPCIe 3.0システムの相互接続ソリューションの提供を可能にします。

IDT社の89HT0832P はチャネル当たり8 Gbpsの伝送が可能な32チャネル(16レーン)のリタイマで、データを大量に伝送するアプリケーションで合計256 Gbpsの通信帯域を使用できます。89HT0832Pはプロトコル・アウェア(protocol-aware)で、レシーバおよびトランスミッタ構成向けにPCIe 3.0準拠の等化方式に対応しています。これにより、システムのデザイン・インの複雑さが軽減され、どのようなPCI Express 3.0準拠のデバイス、拡張カード、ホスト・バス・アダプタ(HBA)でも信頼性ある低ビット誤り率(BER)での運用を保証できます。このリタイマのレシーバには、高性能アナログ・フロントエンドである連続時間線形等化器(CTLE)と、それに続く5タップの判定帰還等化器(DFE)とクロック・データ・リカバリ(CDR)回路を搭載しています。この高性能入力は動的最適化と相まって、低品質の入力信号を復旧し、ランダムジッターと確定的ジッターを是正し、伝送振幅を押し上げます。こうして、長いケーブル、長いトレース、あるいはシステムのバックプレーンでの通信を可能にします。

「IDT社は、お客様が求めている最も先進的なシステム相互接続製品を提供することで、エンタープライズ向けコネクティビティ・ソリューションの市場をリードし続けています」と、IDT社のインターフェイスおよびコネクティビティ部門担当副社長兼ゼネラルマネジャーSean Fan(ショーン・ファン)は述べています。「これ以外のソリューションは、PCIe 3.0標準に準拠しないリピータに似たデバイスや、大きな電力を不必要に消費する高価なパケット・スイッチ・デバイスしかありません。当社の最新のEyeBoost PCIeリタイマは、最大16レーンの完全準拠で高性能なソリューションを可能にし、当社の8レーンと4レーンのPCIe 3.0リタイマを補完して、業界で最も完全なポートフォリオを形成しています。」

IDT社の89HT0832Pは8 Gbps PCIe 3.0および5 Gbps PCIe 2.1と互換性があり、ブーストレベルやプレシュートレベル、高速振幅を含む、PCIe 3.0トランスミッタの係数行列に完全対応しています。終端インピーダンスやタイミング・スキューなど主要な運用パラメータをデバイスが自動でキャリブレーションすることが特徴です。これによりこのデバイスは、さまざまな製造環境(ウエハー)や運用環境(電圧・温度)に合わせて自動調節し、個別の部品ごとに最適なパフォーマンスを発揮できます。さらにこのデバイスには、信号の生成と検出のためのパターン・ジェネレータおよびスコープを内蔵しています。これによりシステム設計者は、信号分析を簡単に行える信号アイの図とビットエラーの等高線グラフを作成し、プロトタイプ・システムのデバッグと遠隔での現場修理を円滑化することができます。

IDT社の89HT0832Pは、本体サイズ13×20 mmでボールピッチ0.8 mm、または本体サイズ15.5×24 mmでボールピッチ1.0 mmという345コンタクトFCBGAパッケージのオプションが用意されています。IDT社の信号整合性製品についての詳細はwww.idt.com/go/SIPをご覧ください。

IDT社について
The Analog and Digital Company™ のIDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。製品はIDT Direct™からも購入できます。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.IDT.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでもお調べいただけます。

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイ・ビルディング1F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-5740-3145 
FAX: 03-5740-3103 
E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations