IDT社の機能を増強した4E MEMS発振器は、業界標準パッケージのフットプリントで、構成可能な出力を提供し、通信、ネットワーク、ストレージのアプリケーションにおいて回路基板面積を削減します

2013年1月28日

ミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供するthe Analog and Digital Company™のIDT®社(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、複数の同期出力を備えた業界初の高性能クワッド周波数MEMS発振器を発表しました。IDT社の最新の発振器は、業界標準パッケージと互換性のあるフットプリントで、構成可能な出力を提供し、通信、ネットワーク、ストレージ、産業、FPGAのアプリケーションにおいて、回路基板面積と部品表(BOM)コストを削減します。

IDT 4Eシリーズは機能拡張された±50ppmのMEMS発振器であり、同期CMOS出力と共にLVDS出力またはLVPECL出力を1つのパッケージに収めているため、外付けの水晶または第二の発振器が不要です。最大周波数が600MHzのこの新しい発振器は、回路基板面積を削減し、アプリケーション回路を単純化し、LVDSまたはLVPECLの周波数源が必要な任意の高性能アプリケーションにおいてBOMコストを削減します。さらに、発振器は、2本の制御ピンで工場出荷時に設定した4つ出力周波数から選択できるので、1つのデバイスで4個の部品を置き換えることができます。これによって、BOMの部品点数を削減し、在庫を統合し、コストメリットを改善できます。

「当社の新しいCrystalFree™ MEMS発振器は、水晶振動子を追加する必要がなく、顧客に素晴らしい価値を提供します。当社の新しい4Eシリーズは、顧客が求めているもの、すなわち単純化とコスト削減を提供します。当社は、これらの要求を満たしただけではなく、これらの新しいデバイスへの移行を容易にするために、既存のソケットのフットプリントとの上位互換性も維持しました」と、タイミング・同期製品部門のゼネラルマネージャ兼バイスプレジデントのChristian Kermarrec クリスチャン・ケーマレック)は述べています。 

IDT 4Eシリーズ発振器は、業界標準の6ピンのCMOS、LVDSまたはLVPECL発振器の物理的な形状やピン配列で設計されていますが、既存の6ピン・ソケットとの上位互換性を維持するために、戦略的に4本のピンを追加(合計10ピン)しています。これによって、新しい設計のための追加機能を提供すると同時に、既存のソケットでこの発振器を使うことができます。

システム設計者は、3つの異なる出力の組み合わせ-LVDSとCMOSの出力、LVPECLとCMOSの出力、3つの同期CMOS出力-を選択できます。これによって、多様なアプリケーションにおいて革新的なデバイスを柔軟に使用することができます。

IDT 4E MEMS発振器のパッケージは7.0mm×5.0mmのVFQFPNです。ほとんどの標準的な周波数をご用意しています。カスタム周波数は要求に応じて設定できます。詳細は、ウェブサイト(www.idt.com/go/MEMS)をご参照ください。

IDT社について

The Analog and Digital Company™ のIDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.IDT.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでもお調べいただけます。

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。


本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイ・ビルディング1F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-5740-3145 FAX: 03-5740-3103 
E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations