新しい高速マルチプレクサは企業およびクラウドサーバ市場向けに設計

  IDT®社(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、普及しつつあるNVDIMM(不揮発性DIMM)エコシステム向けDDR4製品の既存ポートフォリオを拡大する高速マルチプレクサを発表しました。さらにIDT社は、企業およびクラウドサーバ市場を対象としたNVDIMMマルチプレクサの優先サプライヤとしてMicron Technology社に選定されました。

  NVDIMMは、深刻な電源障害など特殊事象の発生時にフラッシュメモリなどの非揮発性メモリにデータをバックアップできるようにすることで、DRAM(ダイナミックランダムアクセスメモリ)のデータ永続性を実現する、新しいアーキテクチャです。マルチプレクサはNVDIMMアーキテクチャの中心的なコンポーネントで、DRAMと非揮発性メモリとの間の「保存」および「復旧」動作の間、DRAMメモリからホストコントローラを分離します。

  従来のマルチプレクサはメモリチャネルのシグナルインテグリティ低下の要因となっていたため、動作速度が犠牲になることがありました。IDTの高速マルチプレクサは、メモリチャネルのシグナルインテグリティの影響を軽減すると同時に、DDR4 NVDIMMアプリケーションを最大2133MT/s(megatransfers per second)以上のバスレートで実行できるようにします。

  「Micron社は、持続性メモリを活用してアプリケーションとシステムの性能を大きく改善することに全力を挙げています」と、Micron社でコンピュータ・ネットワーキングマーケティング担当副社長であるRobert Feurle氏は述べています。「当社のチームはIDT社と緊密に連携し、新しい高速マルチプレクサを開発しました。この新しいマルチプレクサをMicron DDR4 NVDIMM製品に使用します。」

  12ビットバススイッチ/マルチプレクサはVFBGA 48ピンのパッケージで提供されます。これは、DIMMのデータバッファをNVDIMMアプリケーションに置き換えられるよう設置面積をコンパクトにするためです。特徴は、切り替え時の故障を防止するメイクビフォーブレイク回路と、DDR4に最適化されたACおよびDCパラメータで、これにより他の種類のDIMMと混在してもNVDIMMのメモリチャネルの最高性能を発揮できるようになります。

  「サーバおよびストレージシステムの持続的なメインメモリの潜在力については、実現されつつある段階です」と、IDT社でメモリ・インタフェース製品担当ゼネラルマネージャ兼バイスプレジデントを務めるRami Sethiは「NVDIMMレジスタ付きクロックドライバ(RCD)、温度センサ、今回のマルチプレクサなどのDDR4 NVDIMM向けコンポーネントサプライヤ最大手として、当社はMicron社などの大手企業と緊密に連携し、同一種類のメモリチャネル環境でも異なる種類が混在したメモリチャネル環境でもクラス最高の性能を発揮するソリューションを開発してきました。」と述べています。

 

IDT社について

 IDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.idt.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeGoogle+ でもお調べいただけます。

 

  IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。Micron (Nasdaq:MU)は、Micron Technology社の商標です。製品やサービスを特定するために使用される

その他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

 

《本プレスリリースに関するお問合せ先》

日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社

〒105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F

マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美

TEL: 03-6453-3039 FAX: 03-6453-3011 E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations