IDTのイーサネット向け低ジッター・タイミング製品は、IEEE 1588によるクロック伝送の信頼性を改善するとともに、イーサネット向けDPLLとDCOを一つのチップに統合して柔軟性を実現

 

2014年5月8日

“The Analog and Digital CompanyTM”としてミックスド・シグナルICのソリューションを提供するIDT®社(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は、本日、スマートグリッドと産業オートメーション用途の性能、機能性、コストの要求を満たすよう最適化した、業界初のイーサネット/IEEE 1588向けタイミング・デバイスを発表しました。この新しい低ジッターのタイミング製品は、IEEE 1588による時間伝送の精度と信頼性を改善するとともに、イーサネット向けデジタルPLL(DPLL)とデジタル制御発振器(DCO)を一つのチップに統合することにより重要な柔軟性をもたらします。

8V89316 と 8V89317 はイーサネット向けの低ジッターPLLで、イーサネット物理層を介してスイッチとルータの周波数を同期するために使用します。その目的は、IEEE 1588ベースの透過クロック、境界クロック、通常クロックの信頼性と時間精度を改善することです。8V89316がQSGMII(Quad Serial Gigabit Media Independent Interface)と1 GbEインタフェースに適したクロックを生成するのに対し、超低ジッターの8V89317は10 GbEインタフェースに適しており、毎秒1パルス(1 PPS)のGPSクロックにロックする機能を実現します。どちらのデバイスも柔軟性の向上のためにDOCを搭載しており、入力されるイーサネットのクロックにロックでき、あるいは、独自のIEEE 1588ベースのクロックを合成できます。このIEEE 1588ベースのクロックは、システム内の別のデバイスが周波数のリファレンスとして使用することもできます。

「IDT社の最新のイーサネット向けPLLは、その性能、機能、コスト効率性によって市場をけん引し、スマートグリッドと産業用途でのイーサネット物理層のクロックの使用を促進するものです」と、IDT社のネットワーク通信部門ゼネラルマネージャ兼バイスプレジデントのLouise Gaulin(ルイス・ガウリン)は述べています。「クラス最高のジッター性能に加え、DPLLとDCOとを組み合わせて得られる柔軟性により、既存の電気的なタイミング入力を接続でき、それが困難な場合には、IEEE 1588をベースに新しいものを生成できます。主要なメーカーは現在このレベルの性能と機能性を求めています。変電所の自動化など時間的制約の大きな用途では、これらが重要な要素であることが分かっているからです。」

8V89317はGPSレシーバからの1 PPSの周波数リファレンスにロックできます。これにより、同期元に有線や光ファイバーでアクセスする必要がなく、ローカルネットワークのマスタークロックの一部として使用できます。GPSのタイミングを使用することにより、クロックの物理的位置にさらに柔軟に対応できるほか、タイミング・ネットワークをあらゆる場所に拡げる必要がなくなるため、いわゆる「タイミング・アイランド」のための設置コストを削減できます。

8V89316は、10 kHzから20 MHzまでの積分範囲で650フェムト秒(fs)RMSを下回る位相ジッターを実現します。そのため、1GイーサネットPHYとQSGMIIに適したものとなっています。8V89317の位相ジッターは、10 kHzから20 MHzまでの積分範囲で300フェムト秒(fs)RMSを下回ります。これは、最も厳しい10Gまたは40GのイーサネットPHYジッター性能要件を満たしています。

8V89316 と 8V89317 のパッケージは15mm×15mmの196ボールCABGAパッケージです。IDTの豊富なWAN PLLタイミング・ポートフォリオについての詳細は www.idt.com/go/NetSync をご覧ください。

IDT社のクロック・タイミング・ソリューション
IDT社は、タイミング分野向け半導体製品の世界的リーダーです。その製品ポートフォリオは、この分野の競合企業と比べて10倍以上の規模を誇ります。それにより、事実上あらゆるアプリケーション・ニーズに応えられる特別な企業としての地位を得て、業界で最大の市場シェアを獲得しています。IDT社は、タイミング分野で唯一の“ワンストップ・ショップ”として、完全なシステム・ソリューションから単体のクロック生成用デバイスまで、多様な製品を提供しています。工場からの出荷時に設定可能なオプションや、カスタマイズ可能なクロック・ソリューションによって個々のお客様の要望に応えるとともに、競合企業との差別化を可能にするジッター性能や消費電力性能を備えた製品を提供します。各製品のサポートは、世界レベルの専門技術と責任感を併せ持つチームが担当します。IDT社は、その傘下にあるFox Electronics社の発振器シリーズ「XpressO®や、旧来の水晶発振器を急速に置き換えつつある革新的なMEMS発振器シリーズなど、周波数制御用の製品についてもポートフォリオを広げています。業界をリードするIDT社のタイミング製品ポートフォリオについては、www.idt.com/go/timingをご覧ください。

IDT社について
The Analog and Digital Company™ のIDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.IDT.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでもお調べいただけます。

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-6453-3039 FAX: 03-6453-3011 
E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations