ジッターが1psec未満のIDT社の4MシリーズLVDS/LVPECL発振器は、従来の6ピンの水晶ベース発振器に対する理想的な置換品です

 

2012年5月10日

ミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供するthe Analog and Digital Company™のIDT®社(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、高性能の通信機器、民生用電子機器、クラウド・コンピューティング機器、産業機器のアプリケーション向けに、世界初のCrystalFree™ ピエゾ圧電MEMS(pMEMS™)のLVDS/LVPECL発振器を発表しました。IDT社の新しい発振器は、業界標準の小型パッケージに収められ、実質的に1psec未満の位相ジッターで動作します。従来の6ピンの水晶発振器(XO)の置き換えに最適なデバイスです。

          IDT 4Mシリーズの高性能LVDS/LVPECL発振器は、IDT社が特許を取得したCrystalFree pMEMS共振器技術を強化するものです。微調整が必要な高価な水晶の必要がなく、工場出荷時に所望の出力周波数に迅速に設定することが可能です。さらに、pMEMSの公称共振周波数が水晶振動子よりも遥かに高いので、4M発振器は、重要なパフォーマンスを犠牲にせずに、低価格でより高い周波数を達成することができます。4Mシリーズは、IDT社からのMEMSベースのデバイスの広いポートフォリオの第1弾で、使いやすくて正確で低ジッターのタイミング基準を提供するでしょう。

         「タイミングのリーダーとして、IDT社のpMEMS技術が、40億米ドルの周波数制御市場の重要な分野である通信分野などの高性能アプリケーションへ展開されることを、当社の顧客は待っています。IDT社が特許を取得したpMEMS共振器技術は、安定な圧電材料の強い電気機械的カップリングと、単結晶シリコンの低ダンピングを組み合わせることで、比類ないパフォーマンスと信頼性を備え、かつ便利でコスト効率の高いXO置換の実現を可能にします。これらの製品は、ますます多くの市場分野の水晶ベースのデバイスを置き換える包括的な周波数制御ポートフォリオを提供するために、賞を受賞した当社のシリコン発振器を補うものです」とタイミング・アンド・シンクロナイゼーション部門のジェネラル・マネージャ兼バイス・プレジデントのFred Zust(フレッド・ザスト)は述べています。

          IDT 4M発振器は、工業用温度範囲(-40℃~85℃)にわたって周波数精度±50ppmで動作します。このデバイスは、最高周波数625MHzまでのLVDS(low-voltage differential signaling)とLVPECL(low-voltage positive emitter-coupled logic)をサポートし、ほとんどの通信、ネットワーキング、および高性能コンピューティングのアプリケーションの厳格な要求を満たします。IDT社のpMEMS発振器のパッケージは、7.0mm×5.0mm(7050)サイズに加えて、コストを削減し、高密度の筐体の中で実装面積を最小化するために、5.0mm×3.2mm(5032)と小型の標準プラスチック・パッケージも用意しています。このデバイスは、意図的に従来のXOとピン互換にしたので、理想的なアップグレード置換のソリューションです。


価格と供給
          IDT 4M発振器は、現在、特定のお客様にサンプルを出荷しています。さまざまな周波数、電圧、出力形式、および業界標準パッケージに基づいた何100もの設定が可能です。IDT社のCrystalFree pMEMS発振器の詳細は、IDT社のホームページ(www.idt.com/go/MEMS)を参照してください。
 

 

IDT社について
the Analog and Digital Company™のIDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステム・レベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これを利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供します。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点を持っています。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI。IDTに関する詳しい情報はwww.IDT.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでも調べられます。


##

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使われるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

 

 

本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイ・ビルディング1F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-5740-3145 FAX: 03-5740-3103 
E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations