「Xilinx Zynq™ All Programmable SoC」を搭載する「inrevium」向けに、
必要なすべてのクロックとプログラマブルなクロック出力機能を提供

2013年3月22日

”The Analog and Digital Company™”としてミックスド・シグナルICのソリューションを提供するIDT®(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、東京エレクトロンデバイス(TED)が、同社のエクステンション・マイクロコントローラカード「inrevium」に、IDT社のタイミング・ソリューションを採用したと発表しました。inreviumはXilinx社のプログラマブルSoC(System on Chip)「Zynq-7000 All Programmable SoC」を搭載し、評価用プラットフォームとして利用可能なマイクロコントローラ・カードです。VersaClockは、inreviumに必要となるすべてのクロック信号を供給する役割を果たすとともに、付加機能向けにユーザーがプログラム可能なクロック出力も提供します。

IDT社のバイスプレジデント兼タイミング/同期製品部門ゼネラルマネージャを務めるChristian Kermarrec (クリスチャン・ケーマレック)は、「当社の主力製品であるVersaClockが、TED社のプログラマブルなエクステンション・マイクロコントローラカードに採用されたことを非常にうれしく思います」とコメントしています。そのうえで、Kermarrecは以下のように述べています。「TED社は、Xilinx社のアライアンス・プログラムにプレミア・メンバーとして参加しています。そしてTED社の製品は、各種次世代製品の開発において、強力な評価プラットフォームを構築するために活用されています。当社のプログラマブル・クロック・ジェネレータは、Xilinx社の製品をベースとするプラットフォームの柔軟性を高めることで、お客様による製品開発を加速し、市場投入までの期間を短縮することに貢献します。また、当社製品の卓越したパフォーマンスは、リファレンス・デザイン上の重要な部品として、引き続きお客様の製品開発に採用されることになるでしょう」。

TED社がinreviumブランドの製品として提供している「TB-7Z-020-EMC」は、FPGAファブリックとオンチップで接続された「ARM® Cortex™-A9 MPCore」と各種ペリフェラル機能を備えるZynq-7000 All Programmable SoCを搭載した評価用プラットフォームです。このTB-7Z-020-EMCは、IDT社のVersaClockが提供するプログラマブル・クロック出力機能も備えています。TB-7Z-020-EMCは、多様な開発プロジェクトにおける評価システムの実装に活用でき、ハードウェア技術者とソフトウェア技術者の分業を促進して開発時間とコストの大幅な削減に貢献します。また、TB-7Z-020-EMCでは、開発作業を行う際に、ソフトウェア技術者がメインのFPGAにアクセスすることが可能です。そのため、ソフトウェア技術者が実機を使用して性能試験を繰り返し行うことができます。つまり、従来は実現できなかった効率の高いシステム・レベルの評価環境が得られることになります。

IDT社のVersaClockは、低ジッターのプログラマブル・クロック・ジェネレータです。水晶振動子、発振器、バッファを1つのVersaClockデバイスに置き換えることで、基板上の実装スペースとコストを削減することができます。VersaClockの各製品は、多様な小型パッケージで提供されており、個々にプログラム可能な最大4つのPLLを内蔵することで、最大7種の異なる周波数に対応します。VersaClockの各製品は、構成(コンフィギュレーション)の自由度が非常に高く、通常動作時にもI2Cインタフェースを用いてプログラムすることができます。そのため、設計者はZynq-7000 All Programmable SoCをベースとするTED社のプラットフォーム上に実装されたVersaClockを容易に操作することが可能です。また、VersaClockはEEPROMを内蔵しているので、システム要件の変更に応じてクロックの周波数を容易に再プログラムすることができます。またEEPROMに設定を保存しておくことにより、電源投入時に再プログラムすることなく、構成を復元することが可能です。

IDT社のVersaClockファミリについての詳細はja.idt.com/go/VersaClock を、
東京エレクトロンデバイス社のTB-7Z-020-EMCについての詳細は
http://ppg.teldevice.co.jp/m_board/inrevium/b_zyng.htm#tb-7z-020_emc をご参照ください。

IDT社について
The Analog and Digital Company™ のIDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.IDT.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでもお調べいただけます。

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイ・ビルディング1F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-5740-3145 FAX: 03-5740-3103 
E-mail:
mayumi.honda@idt.com

東京エレクトロンデバイス株式会社
〒221-0056 神奈川県横浜市神奈川区金港町1-4
PLDソリューション部     江河 寛
TEL: 045-443-4034 FAX: 045-443-4058 
E-mail:
psd-sales@teldevice.co.jp

Available Translations