IDT社のワイヤレス給電トランスミッタICは、マルチコイルのサポート、
小型パッケージ、BOMの削減、優れた顧客サポートが評価され採用
TYLT VÜはベライゾン・ワイヤレス社とTYLT社から発売予定

2013年7月26日

“The Analog and Digital Company™”としてミックスド・シグナルICのソリューションを提供するIDT®(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は、本日、同社のワイヤレス給電トランスミッタICが、TYLT社の数々の賞を受賞している「VÜ」ワイヤレス充電台に採用されたと発表しました。このフリーポジションに対応したワイヤレス充電台は、「充電エリア」が広く、USBと同等の充電効率を実現し、Qi規格準拠の携帯電話や携帯機器を充電することができます。IDT社のソリューションが採用された理由は、マルチコイルのサポート、小型パッケージ、部品表(BOM)の削減、機能の柔軟性、プログラマビリティ、優れた顧客サポートが評価されたためです。

TYLT VÜはQi規格準拠のワイヤレス充電台で、45度の角度が付けられているため、充電中に携帯電話の画面が見やすくデザインされています。IDTP9036Aはマルチコイルに対応しており、充電エリアが広いため、フリーポジションで充電することが可能です。そのため、ユーザーはワイヤレス給電レシーバのコイルの位置を合わせる必要はなく、USBと同等の充電効率を体験できます。TYLT VÜはベライゾン・ワイヤレス社とTYLT社からオンライン販売されます。

IDTP9036A
は高効率を実現したワイヤレス給電トランスミッタICで、ワイヤレス・パワー・コンソーシアム(WPC)のTx-A6マルチコイル構成の認証を取得しています。このデバイスは小型パッケージでBOMも少なく、部品点数を削減できるため、充電台のメーカーは、スタンドアロンのユニットを開発でき、様々なワイヤレス充電のアプリケーションに最適です。さらにIDTは、開発を支援するさまざまなツールを提供し、業界をリードするサポートも提供します。
 

「IDT社は当社の設計サイクル全体に渡って優れたサポートを提供し、最も最適なソリューションを提供してくれました」と、TYLT社の製品管理およびマーケティング担当取締役のKannyn MacRae(カニン・マクレー)氏は述べています。「TYLT社はIDTP9036Aによって、既存のほとんどのワイヤレス充電台で対応していないフリーポジション充電機能を搭載した、革新的なソリューションを開発し、賞を受けることができました。お客様はTYLT VÜを使うことにより、携帯電話を横向きや縦向き、逆さに置いても充電できると同時に、USB充電と同等の速さで充電できます。」

「当社は、TYLT社の次世代型フリーポジション・ワイヤレス充電台の開発に協力できて光栄です」と、IDT社アナログ・アンド・パワー部門のゼネラルマネージャ兼バイスプレジデントのArman Naghavi(アーマン・ナガヴィ)は述べています。「既存ほとんどの充電台は、電力を最大限に転送するために、磁石などの仕組みを用いてトランスミッタコイルとレシーバコイルを正確に合わせる必要があり、最適とは言えないレベルでしか充電できませんでした。当社のIDTP9036Aソリューションは充電エリアを広くすることで、レシーバが磁石を利用しない、あるいはレシーバコイルが携帯電話の中心からずれているような、さまざまな携帯電話や充電スリーブを使用した場合でも、ワイヤレス電力転送を最大化します。IDTの革新的なテクノロジーと世界クラスのサポートは、私たちがワイヤレス給電ソリューションのリーダーと見なされている多くの理由のうちの2つにすぎません。」

Tx-A6マルチコイル構成は、長方形をした3つのトランスミッタコイルの中心が一列に並べられ、シングルコイル構成よりもはるかに広い範囲で充電することができます。IDTのワイヤレス給電トランスミッタICは、レシーバコイルの位置に基づいて最適な電力転送を実現し、有線のUSB接続と同等の充電効率を提供します。さらにIDTP9036Aは、IDTのワイヤレス給電レシーバICと組み合わせることで、最大7.5Wの電力転送(現行のQi仕様より50%高い)を達成できます。またIDTの独自テクノロジーにより、差別化のための機能をワイヤレス充電台に付加できる機会を設計者にもたらすことで、安全性を高め、ユーザー体験を向上させます。
 

製品の供給について
TYLT VÜは、ベライゾン・ワイヤレス社とTYLT社のウェブサイト(www.verizonwireless.com および www.tylt.com)で今夏に発売されます。TYLT VÜについての詳しい情報はwww.tylt.com/vu をご覧ください。

IDTP9036Aワイヤレス給電トランスミッタICは48ピン6×6 mmのVFQFPNで提供されています。業界をリードするIDT社のワイヤレス給電ICについて詳しくは www.wirelesspowerbyidt.com をご覧ください。
 

IDT社について
The Analog and Digital Company™ のIDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。製品はIDT Direct™からも購入できます。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.IDT.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでもお調べいただけます。
 

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

 

本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイ・ビルディング1F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-5740-3145 FAX: 03-5740-3103 
E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations