車載カメラシステムは、先進運転支援システム(ADAS)の1つで、自動車システムの改良・自動化を通じて運転の快適性と安全性を高めます。カメラシステムは通常、道路の対象範囲を広げるため、レーダーセンサーやライダーセンサーと併用します。カメラは、歩行者の検知や信号の読み取りをはじめとして、光検知による機能を得意としています。レーダーセンサーやライダーセンサーは、霧や雪の中でも対象物を検知する能力に優れています。カメラシステムは、通常は自動車に内蔵されますが、アフターマーケットアクセサリとして提供されることもあります。車載カメラシステムは、自動運転や半自動運転が可能な自動車には欠かせないコンポーネントです。

IDTが提供するソリューションは次のとおりです。