一般に、医療診断に使用される超音波システムでは、媒体を通過する高周波の超音波の反射波を測定したり、エネルギーを与えて媒体内部の構造を表示したりします。一般的な超音波検査用スキャナは2MHz~18MHzの周波数範囲で動作しますが、周波数の選択は、画像の空間分解能/深度とのトレードオフになります。

IDTは、以下の製品カテゴリにおいて超音波システム向けのソリューションを提供しています。