イーサネットスイッチは、接続されたコンピュータ間のネットワーク接続を構築するために使用されるデバイスです。 イーサネットスイッチは着信パケットの宛先を理解して宛先ポートのみへデータパケットを送信するため、これにより衝突の数が制限されます(データが同時に送信)。 OSIモデルのレイヤー3の一部とみなされるルータとは異なり、イーサネットスイッチはデータリンク・レイヤーのレイヤ2の一部です。

イーサネットルータはコンピュータネットワークの間でデータパケットを転送するもので、基本的にはインターネットにおいて「トラフィック誘導」機能を実行するデバイスです。 データラインの1つにデータパケットが入ると、ルータはパケットのアドレス情報を読み取り、異なるデータライン上の正しいネットワークにパケットを誘導します。 最も馴染みのあるルータのタイプは、単に自宅のコンピュータとインターネット間でデータを渡す家庭や小規模なオフィスにあるルータです。 より洗練されたエンタープライズ級のルータは大企業やISPネットワークを強力なコアルータに接続し、インターネットバックボーンの光ファイバラインに沿って高速でデータを転送します。

View on a larger screen to use.

Ethernet Switch & Router - Line Card Block Diagram