光ネットワークは、光を利用し、光ファイバケーブルを介して情報を伝送するシステムです。OTN(光伝送ネットワーク)は、光ファイバリンクで接続されたONE(光ネットワーク要素)で構成され、クライアントの信号を伝達する光チャンネルの伝送、多重化、スイッチング、管理、監視、サバイバビリティの機能を提供します。そのため、光ネットワークには、さまざまな電気コンポーネントが必要になります。例えば光回線カードは、統合された光伝送経路の支流に当たるものです。クライアントのONEからファイバペアを介して固定波長の入力が送られてきたら、データの符号化/復号化を行い、ファイバペアを介して特定のITUグリッドの波長を出力します。また光回線カードは、光ファイバインタフェースを介して受信したネットワークトラフィックの終端処理も担います。IDTは、OC-3/12/48/192、10GbE(Gigabit Ethernet )の回線カードを含むさまざまな回線カードに対応した製品を提供しています。

IDT offers solutions for optical networking in the following categories: