クロック & タイミング

クロックIC、タイミングデバイス、およびタイミングソリューション

クロックICタイミングソリューションのマーケットリーダー

IDTは、タイミング用途向け半導体製品(クロックIC)のリーディング企業です。ネットワーク、通信、民生、コンピュータなどのアプリケーション向けに多様な製品を提供しています。 IDTの市場シェアはこの分野で最大で、業界唯一の「ワンストップショップ」として、完全なシステムソリューションから単機能のクロックジェネレータまで、あらゆる製品を提供します。 カスタマイズ機能や、工場からの出荷時にプログラムが可能なオプションにより、個々のお客様の要求に応えられるようにしています。ジッターが極めて低いことと、消費電力が最小に抑えられていることも、IDT製品の大きな特徴です。

クロックタイミングデバイスの豊富なポートフォリオ

IDTの製品ポートフォリオは、この分野の競合企業と比べて10倍以上の規模を誇ります。このことから、あらゆるアプリケーションに対するニーズに応えられる企業としての地位を確立しています。 IDTの業界をリードするタイミングデバイスのポートフォリオは、クロックジェネレータバッファ分周器マルチプレクサ水晶発振器、および周波数変換器付きジッター減衰器で構成されており、その多くがプログラマブルな機能を備えていることから、最大限の柔軟性が得られます。 JESD204B、同期イーサネット、IEEE 1588、PDH、SONET / SDHなど、各種アプリケーション向けのクロックICは、RF分野におけるタイミングに関するニーズやネットワーク同期に関するニーズに対応します。

クロックICとクロックタイミングソリューションについて
「クロックIC」とは、電子システムにおいてタイミング信号を生成/調整/操作/分配/制御する集積回路を広義に表す用語です。 最も基本的なレベルのクロックICは、電気的にハイとローの間を振動するタイミング信号によって回路を動作させるために使用されます。 ただし、現在の最先端の技術に適用する場合には、システム内のさまざまなデバイスで利用できるよう、クロックICは正確なパルスを連続的に生成し、確実に分配できるようにしなければなりません。 特に、高速で動作するシステムの場合、その設計要因と環境要因によって、クロックICの信号品質を維持するのは非常になります。その結果として、高いビット誤り率(BER)が生じ、システムの性能が低下することとなります。 IDTは、事実上あらゆるアプリケーションにおいて厳しいシステム条件にも対応できるクロックタイミングソリューションを幅広く提供しています。

技術資料

タイトル 他の言語 タイプ フォーマット ファイルサイズ 日付
Application Notes & White Papers
AN-815 Understanding Jitter Units - Application Note PDF 476 KB Apr 23, 2014
AN-827 Application Relevance of Clock Jitter - Application Note PDF 1.06 MB Apr 23, 2014
その他資料
The IDT Communications Products Advantage - Overview PDF 2.54 MB Feb 13, 2017
The IDT Consumer Products Advantage - Overview PDF 6.67 MB Jan 27, 2017
IDT Clock Generation Overview (日本語) English Overview PDF 1.83 MB Apr 28, 2016
The IDT Automotive Advantage - Overview PDF 5.67 MB Jan 18, 2017
IDT Clock Distribution Overview (日本語) English Overview PDF 3.79 MB Apr 24, 2016
IDT Clocks for SMPTE and Xilinx® 7 Series FPGAs - Technical Brief PDF 566 KB Oct 19, 2015