同期ネットワーク

network-synchronization-category-banner.jpg

IDTの同期ソリューションは、デジタルクロック・シンセサイザとアナログPLLを単一のチップ上で組み合わせて実現しています。各種の標準規格に準拠するデジタル・シンセサイザは、クロック監視、ヒットレス・リファレンス・スイッチング、移動フィルタを備えています。一方、アナログPLLは周波数変換の機能を備えており、 低ジッターのクロックを生成することが可能です。各製品は、無線基地局、無線ネットワークコントローラ、無線バックホール機器、ルーター、ゲートウェイ、PON(受動光ネットワーク)、DSLAM(デジタル加入者線向けアクセス多重化装置)、マルチサービス・スイッチング・プラットフォーム、伝送装置など、各種の通信機器向けに設計されています。