PCI Express® クロックバッファ

pci-express-clocks-category-banner.jpg

通常、PCI Express(PCIe)をベースとするすべてのシステム(最小規模のものを除く)では、PCIeに対応するクロック分配デバイス(バッファ)が必要になります。その際、1個のクロック分配デバイスで生成できるPCIe用クロックの数は、そのデバイスのピン数によって制限されます。また、基板上の配線の混み具合によって、1カ所から分配できるクロックの数が制限されることもあります。ファンアウトバッファは、基板上の高密度の個所から複数の個所に向けて1本のクロックの複製を分配することを可能にします。つまり、ファンアウトバッファは分配を行うためのクロックを出力する役割を果たすということです。またコネクタからはPCIe用クロックが1本だけ供給され、その複製が複数必要になる場合もあります。この問題も、ファンアウトバッファによって解決することができます。

IDTのPCIe用バッファは2~19本の出力を備えています。またIDTは、PLLを内蔵するものと内蔵しないものの両方のPCIe用バッファを提供しています。前者の場合、PLLはゼロ遅延バッファを実現するために使われます。ゼロ遅延バッファでは、その内部で遅延が発生しないため、伝搬遅延が削減されます。PLLを内蔵するPCIe用バッファの中には、PLLの帯域幅を選択するためのストラップ・ピンを備えているものがあります。それにより、ジッターのピーク値が重ならない状態でカスケード接続を行うことができます。また、このタイプのPCIe用バッファは、ストラップピンか、PLLをバイパスするためのSMBusビットのうちいずれかを備えています。PLLをバイパスすれば、PLLを内蔵するバッファを、PLLを内蔵しない純粋なファンアウトバッファとして使うことができます。例えば、対象とするシステムでスペクトラム拡散を使用したい場合でも、動作時間のうち98%は純粋なファンアウトバッファが必要になります。一方、PLLを内蔵しないPCIe用ファンアウトバッファは、PLL内蔵型のバッファが備えるバイパス用のマルチプレクサを内蔵していません。そのため、PLL内蔵型のデバイスよりも遅延が小さいという特徴があります。

IDT Clock Distribution Overview (PDF | English, 日本語)
IDT PCI Express Solutions Overview (PDF | English, 日本語, 简体中文)