PCI Express® クロックジェネレータ

pci-express-clocks-category-banner.jpg

PCI Express(PCIe)は、データ・チャンネルの最高速度が8Gbpsの高速シリアル通信インタフェースです。その速度は、PCIe Gen4に対応するデバイスが提供されるようになれば16Gbpsにまで向上します。ほかのシリアル通信インタフェースの場合と同様に、PCIe用のクロックにおいて最も重要なパラメータは位相ジッターです。PCIeベースのシステムにおいて、PCIe用のクロック・ジェネレータはタイミングの面で中核的な役割を担うデバイスだと言えます。言い換えれば、システムの性能と信頼性を決める重要な要素だということです。PCIeベースのシステムにおいて、性能の低いクロック・デバイスを採用してしまうと、そのシステムは致命的な欠陥を抱えることになってしまうかもしれません。気づかないうちに、リンクのスループットが公称値よりも下がってしまったり、エラーが多発してデータのリセットが要求されてしまったりする可能性があるのです。これら2つの現象は、システムの動作中にリンクの帯域幅性能が低下することによって、知らぬ間に進行します。

IDTのPCIe用クロックジェネレータは1~8本の出力を提供します。その性能は、PCIe Gen1、Gen2、Gen3(間もなくGen4にも対応)それぞれの仕様で規定されている性能よりも優れています。また、それらの高性能クロック・ジェネレータには、電源電圧が1.5V、1.8V、3.3Vのバージョンが用意されています。そのため、FPGAやSoCと同じ電源から電力を得ることができます。さらに、IDTのPCIe用クロック・ジェネレータは終端回路を内蔵しています。このことから、出力を伝送ラインに直接接続することができ、基板を大幅に小型化することが可能になります。

をダウンロード: IDT PCI Express Solutions Overview (PDF | English, 日本語, 简体中文)