PCI Express®(PCIe)クロックジェネレータ、リファレンスクロック

pci-express-clocks-category-banner.jpg

PCIeデータチャンネルは、最高速度8 Gb/sの高速シリアル通信インタフェースです。PCIe Gen4に対応するデバイスが提供されるようになれば、その速度は16 Gb/sにまで向上します。ほかのシリアル通信インタフェースの場合と同様に、ここで最も重要なパラメータは位相ジッターです。そのため、PCIeクロックジェネレータはPCIeのタイミングの中核的な役割を担い、システムの性能と信頼性を決める重要な要素になります。PCIeベースのシステムで性能の低いクロックを採用すると、致命的な欠陥を抱えることになる可能性があります。気づかないうちに、リンクのスループットが公称値よりも下がってしまったり、リンクエラーが多発してデータの再送信が要求されてしまう場合があるのです。これら2つの現象は、システムの動作中にリンクの帯域幅性能が低下することによって、知らぬ間に進行します。

IDTのPCIe用クロックジェネレータ(リファレンスクロック)は1~8本の出力を提供します。その性能は、PCIe Gen 1、Gen 2、Gen 3、Gen 4それぞれの仕様で規定されている性能よりも優れています。またそれらの高性能クロックジェネレータには、電源電圧が1.5V、1.8V、3.3Vのバージョンが用意されています。そのため、PCIeクロックジェネレータをFPGAやSystem on a Chip(SoC)と同じ電源から電力を得ることができます。さらに、IDT PCIeリファレンスクロックは終端抵抗を内蔵しているため、出力を伝送ラインに直接接続することができ、基板を大幅に小型化することが可能になります。

をダウンロード: