RF & JESD204B タイミング

rf-jesd204b-timing-category-banner.jpg

IDTの先進的なRF対応クロックとJESD204B用クロックの製品ポートフォリオは、卓越したジッター性能(最小の位相ノイズ)を誇るデバイスで構成されています。PLLをベースとするRF対応のクロックデバイスは、RF帯の周波数生成やジッター減衰など、周波数と位相に関する処理を行うための機能を備えています。位相ノイズが非常に小さいRF対応のバッファは、信号のファンアウト機能によって、PLLをベースとするRF対応クロックジェネレータの機能を補完します。周波数変換には、RF対応の分周器を使用します。RFに対応するクロックデバイスの一部は、JESD204B規格に対して最適化されています。RF対応のバッファや分周器、PLLベースの発振器、そしてJESD204B用クロックデバイスは、LVPECLやLVDSといった出力信号形式をサポートしています。

RFに対応する業界最先端のクロックシンセサイザ/PLL

IDTは、JESD204B用の高性能クロック・シンセサイザとPLLを提供しています。これらの製品は、同規格に準拠したコンディショニング(信号調整)機能と、周波数/位相の管理機能を備えています。JESD204Bのサブクラス0とサブクラス1に対応したクロック回路の実装が可能です。

IDTが提供するRF対応のクロックソリューションは、優れた位相ノイズ性能を発揮するよう最適化されています。また、出力周波数と位相を非常に柔軟にプログラミングできるようになっています。2段構成のPLLアーキテクチャにより、RF領域でのジッター減衰と周波数の逓倍の両方を実現します。1段目のPLLでは、外付けのVCXOを使用することで最大限のノイズ性能を引き出せるようにしています。

RF対応のPLLでは、周波数の高いクロックと周波数の低いシステム・リファレンス信号(SYSREF)を生成します。システム・リファレンス信号は、内部でクロック信号との同期がとられています。システム・リファレンス信号とクロック信号の間の位相遅延を調整し、個々の出力信号の調整と遅延の制御を行うために、遅延関数が用意されています。また、冗長性を持たせるために、複数のクロック入力を使用することもできます。加えて、すべての入力信号の状態を監視することも可能です。クロック入力が乱れた場合に対応できるよう、優先度に基づいて制御される自動スイッチング、マニュアルでのスイッチオーバー、ホールドオーバーの各機能も提供しています。さらに、自動的にロックし、個別に出力周波数をプログラミングできるRF対応の分周器や位相調整機能によって、高い柔軟性が得られるようになっています。

JESD204B用のクロックファンアウトバッファ(RF対応バッファ)

IDTは、JESD204Bの高速クロッキングに対応する世界初のバッファ製品を提供していることを誇りに思っています。IDTのRF対応バッファは、位相遅延の構成が可能(コンフィギュラブル)であることと、非常に小さい位相ノイズを実現していることを特徴とします。また、設計に対して最大限の柔軟性を提供可能であるとともに、最大限の性能を発揮できます。最高1228.8MHzの周波数をサポートするIDTのRF対応バッファを使えば、JESD204Bに準拠する最新世代の高速A-DコンバータとD-Aコンバータに対して高品質のクロック信号を分配することができます。それにより、基地局全体の信号品質が高まり、システムのビット誤り率(BER)が抑制されて、データのスループットが向上します。また、信号経路のノイズが低減されることから、基地局ではフィルタを簡素化することでシステムのコストを削減できる可能性もあります。

IDTの先進的なRF対応バッファでは、SiGe技術を採用しています。それにより、位相ノイズの低減と電源ノイズ除去性能の向上を実現しています。その主な用途は、周波数の高いクロックとシステム・リファレンス信号を分配することです。クロック出力では、振幅と位相遅延の両方について構成が可能になっています。そのため、無線システムの基板間の同期と、最適な性能を得るためのシステムの微調整を柔軟に行うことができます。また、IDTのRF対応バッファでは、パワーダウン制御の構成も行えます。そのため、システムの効率を高めるための高度な省電力機構を実現することができます。

JESD204B用クロック(RF対応クロック)について
JESD204B用クロック製品は、JESD204Bに準拠した高速シリアルインタフェースを実装したシステムで使用されます。3世代目のバージョンとなる現在のJESD204B規格では、チャンネル当たり最大12.5Gbpsのレーン速度を規定しています。また、ハーモニック・フレーム・クロッキングと確定的な遅延をサポートします。JESD204の旧バージョンでは、フレーム・クロックがシステム内の絶対的なタイミング基準でした。そして、通常は、フレーム・クロックとA-Dコンバータ/D-Aコンバータのサンプリング・クロックは同一のものでした。そのため、システムの柔軟性に制限が生じるとともに、複数のデバイス間で同期をとる作業は非常に複雑なものとなっていました。それに対し、JESD204Bでは、デバイス・クロックがシステム内の各デバイスのタイミング基準になります。IDTのJESD204B用クロックジェネレータ(RF対応クロック)は、そうしたタイミング信号用の高品質なソースとして、システムの性能と信頼性の大幅な向上に貢献します。