高性能クロック(<150 fs RMS)

extreme-performance-clocks-extra-design-margin-banner.jpg

IDTクロックジェネレータおよびシンセサイザは、水晶発振器(XO)など、水晶やクリーンな入力源から、1つまたは複数のクロック信号を生成します。出力で許容される以上のノイズが入力源にある場合については、ジッター減衰器ページを参照してください。この高性能カテゴリには、PHY用の基準クロックに適したクロックジェネレータや、400Gbps以上のシリアルデータ用途に対応するスイッチモジュールなどが含まれています。

これらのデバイスの多くが、異なる複数の出力周波数に対応しています。整数および分数PLL技術と整数および分数出力分周技術を活用することで、多くのデバイスで、入力周波数や、場合によっては他の出力周波数の影響を受けない出力が可能になります。ほとんどの場合、相互に整数比となる出力周波数や、同一の入力の維持も可能です。複数の出力周波数(100MHzと125MHzなど)が必要な場合は、パラメトリックテーブルの出力バンクフィルタを使用できます。各バンクは、固有の出力周波数に対応しています。バンクあたりの出力数は、クロックジェネレータに応じて大きく異なります。

クロックジェネレータを選択すると、ファンアウトバッファを使用して、出力のコピーや他の種別(LVCMOSやLVPECLなど)の選択が可能になります。IDTは業界で最も豊富なタイミング製品のラインナップを備えているため、高度に最適化された完全なクロックツリーソリューションが実現します。