クロック - 汎用品

clocks-general-purpose-category-banner.jpg

IDTが提供するPLL方式のクロックジェネレータは、クロック供給の対象となるアプリケーションの許容誤差範囲に厳密に収まる周波数のクロック出力を生成します。周波数リファレンスとしては、低価格の基本波モードの水晶振動子を使用することが可能です。LVCMOS、LVPECL、LVDS、HCSL、HSTLなど、シングルエンド/差動の出力形式に対応するので、多様なアプリケーションに使用できます。

マルチ出力のプログラマブルクロック製品をお探しのお客様は、「プログラマブルクロック」のページをご覧ください。

業界最先端のPLL方式クロックジェネレータ

PLLをベースとするIDTの汎用クロックジェネレータを使えば、周波数リファレンスとなる入力を基に、異なる周波数のクロック出力を得ることができます。PLLをベースとするIDTの革新的な製品であれば、高い周波数分解能(小さな周波数ステップ)で複数の出力周波数を容易に生成可能です。低価格で簡素な基本波モードの水晶振動子やリファレンス・クロックを基に、シングルエンド/差動(LVCMOS、LVPECL、LVDS、HCSL、HSTLなど)の高周波/低ジッターの出力を得ることができます。

IDTのクロックシンセサイザは発振回路を搭載しています。そのため、高価な水晶発振器を使用する必要はなく、低価格の水晶振動子を使用することができます。この発振回路は、幅広い周波数範囲でジッターを抑えて動作するように設計されています。また、シリコンベースの集積技術を採用しているので、固定周波数の発振器よりも多くの機能を提供することができます。多くの製品は、PLL、周波数逓倍器、周波数分周器、ファンアウトバッファを集積しています。この場合、単一のデバイス上ですべてのクロックツリーを構成することが可能です。

IDTは、周波数信号を複製(コピー)し、必要に応じて複数の負荷を駆動することが可能なマルチ出力デバイスを用意しています。またPLLベースのクロックジェネレータの中には、プログラマブル・スキュー機能を搭載しているものもあります。このタイプの製品では、出力のタイミングを個別に調整することが可能です。それにより、システムのクロック・スキュー管理における柔軟性を得ることができます。さらに、外部帰還経路を備えている製品では、負荷に対し、タイミングを正確に制御してクロック信号を供給することも可能です。

周波数逓倍器機能

多くのアプリケーションでは、周波数が高く、位相ノイズが小さいクロック信号が必要になります。これを実現するための方法の1つは、高品質で周波数の低い信号を周波数逓倍器に接続し、周波数の高い出力信号を生成することです。多くの場合、周波数逓倍器はPLL(位相ロック・ループ)として実現されます。これは周波数が高く位相ノイズが小さいクロック信号を生成するための優れた方法です。周波数逓倍用のデバイス自体は位相ノイズを生じさせなくても、周波数を逓倍する過程である程度の位相ノイズが加わることは避けられません。それでも、周波数が低く非常に安定した基準信号を逓倍するほうが、直接生成するよりも優れた品質の信号を生成することが可能です。そのため、PLLをベースとするIDTのクロック・ジェネレータの多くは、乗算(周波数逓倍回路)または除算(周波数分周回路)の周波数変換機能を備えています。IDTは、革新的なPLL技術を適用したクロック・ジェネレータ製品の豊富な選択肢を提供しています。その中から、個々のアプリケーションのニーズを満たす製品を必ず見つけることができるはずです。

PLLとクロックジェネレータ
IDTが提供するPLLベースのクロックジェネレータはシリコンICとして実現されています。周波数の低い1つのリファレンス入力を基に、高い周波数の出力を複数生成(周波数はそれぞれ異なる)することができます。PLLの主機能は、その名のとおり位相ロック・ループです。実際のデバイスには、電圧駆動型または電流駆動型の発振回路が組み込まれています。そして、入力信号周波数にロック・オンするように常に調整が施されます。位相ロック・ループは、特定の周波数をロック・オンするほか、信号の生成、信号の変復調、低ノイズでの信号の再構成、周波数の乗算/除算に使用されます。