超低ジッタークロック(<300 fs RMS)

clocks-ultra-low-jitter-category-banner.jpg

IDTのクロックジェネレータとシンセサイザは、すべてPLLをベースとしています。各製品は、アプリケーションに必要な複数のクロック信号の生成/分配に使用できます。この製品カテゴリには、最大100Gbpsまでのシリアルデータ・アプリケーションに適した低ジッターのクロックジェネレータが含まれています。PCI Expressなど、特定のアプリケーションをターゲットとした製品については、「特定アプリケーション向けのクロックIC」のページで説明しています。100MHzと125MHzといった具合に、複数の特定出力周波数が必要な場合には、パラメトリック検索において「Output Banks(出力バンク)」を活用してください。各バンクは、特定の出力周波数に対応しています。なお、出力数はデバイスによって大きく異なります。

IDTのクロックジェネレータでは、ファンアウトバッファを使用して、複数の信号を複製したり、異なる形式の出力(LVCMOS、LVPECLなど)を追加したりすることができます。IDTは、業界で最も多くのタイミング製品を取りそろえています。そのため、高度に最適化を図ったソリューションを構築することが可能です。

Download: Flexible Solutions for Fast Edge Rate and Low Phase Noise Requirements (PDF)