クロックジッター減衰器、ジッタークリーナー、位相ロックオシレータ、VCXO(電圧制御型水晶発振器)

IDTのジッター減衰器、周波数変換器は、VCXO(電圧制御型水晶発振器)またはVCSO(電圧制御型SAW発振器)を利用したPLLを内蔵していることを特徴としています。ジッター減衰器はジッター・クリーナとも呼ばれます。位相ノイズの小さいPLL段をベースとし、一般的には次段に周波数分周器が配置されています。ジッター減衰器と周波数変換器を統合することで、回路を簡素化し、部品点数(BOM)を最少化することが可能になります。IDTは、さまざまなレベルの性能、消費電力、プログラマビリティを備えたジッター減衰器/周波数変換器の豊富なポートフォリオを用意しています。それにより、あらゆるアプリケーションのニーズに対応できるようにしてします。IDTのジッター減衰器は、LVCMOS、LVPECL、LVDS、HCSL、HSTL、SSTLなど、さまざまな差動/シングルエンドの出力形式をサポートしています。

PCI Express、SAS/SATA、USB 3.0、XAUIなど、特定用途向けの信号リピータ/リタイマをお探しの場合は、こちらをクリックしてください。

Download: Flexible Solutions for Fast Edge Rate and Low Phase Noise Requirements (PDF)

ジッター減衰器について
ジッター減衰器(ジッター・クリーナ)は、タイミング信号のジッター量を減少させるために使用します。ジッターは、「理想的な周期的タイミング信号からの望ましくない偏差」と定義することができます。その影響は、連続するパルスの周波数、位相、振幅などの特性に現れます。ジッターは、基板配線やケーブルが長い場合や、システムの環境内にノイズが多く存在する場合に大きくなり、高性能のアプリケーションにおいてはシステムの望ましくない動作を引き起こします。IDTのジッター減衰器は、革新的な位相ロック発振器を使ってノイズの多いクロック信号にロックオンし、高品質な信号を出力します。その信号は、クロックネットワーク内のほかのデバイスに供給されます。

VCOとVCXOについて
VCO(電圧制御発振器)は、入力として印加される電圧値に応じて周波数または位相を即座に変化させるタイプの発振器です。この特徴から、VCOは変調器に適したものだと言えます。変調信号を入力することで、出力の周波数/位相のうちいずれかを変化させることができるからです。通常、VCOは位相ロック発振器に統合されます。一般に、VCOを統合することで、プログラミングが可能な出力周波数範囲が広がり、システムを調整する機能の柔軟性が大幅に高まります。そのため、より多様なアプリケーションに適応できるようになります。

VCXO(電圧制御水晶発振器)は、信号を入力するのではなく、水晶振動子を使用することに向けて最適化されています。水晶振動子はQ値が高いので、VCXOでは周波数の偏差を小さく抑えることができます。つまり、動作周波数を精密に調整したい場合に最適なものであり、実際にそのような用途で使用されています。出力周波数を正確な外部リファレンス(またはその正確な倍数の周波数)に対して調整したい場合や、出力周波数を少しずつ変更することでエネルギーを散逸させてEMIを低減したい場合にも有用です。