IOリンクラインドライバ

IDTは、高電圧I/Oチャネルを備えた小型IO-Linkラインドライバを提供しています。ファクトリオートメーションやプロセスオートメーションといったアプリケーションで利用されるセンサー/アクチュエータシステムの物理層要件を満たします。各デバイスは、設定可能なシステム機能や幅広く実現し、過酷な環境でも動作可能です。

組み込みセンサー/アクチュエータ向けIO-Linkについて

産業オートメーションプロセスで使用されるほぼあらゆる機械装置に、センサーやアクチュエータが組み込まれています。各コンポーネントの複雑なネットワークを運用し、維持する際、さまざまな困難に直面します。IO-Linkは、理想的なソリューションであり、機械や装置のデータに高速かつ広範にアクセスるすためのインテリジェントなポイントツーポイント接続を実現します。I/O規格に準拠したIO-Linkは、センサーやアクチュエータといった超小型コンポーネントに対する直接的なチャネルとなります。この強力な新ソリューションは、使いやすく効率性に優れており、重要データの取得や製造プロセスの最適化など、さまざまなメリットをもたらします。

新しい生産ラインを構築し、運用を開始するまでには、通常、想定よりも多くの時間がかかります。IO-Linkはこのプロセスをスピードアップし、圧倒的に迅速なジョブ処理を実現します。製造業において最も重要なのは、常に装置の陣容を整え、稼働させておくことです。IO-Linkがもたらすメリットにより、生産ラインに必要とされる部品数が減り、障害が少なく信頼性の高い運用が可能になります。IO-Linkは、センサー/アクチュエータレベルまでの透明性を最大化し、生産ライン全体の効率を大幅に高めます。

IO-Linkは、一番初めの段階から、製造プロセスの最適化を促進します。この新しい接続を生産方程式に組み込むことで、装置の導入、組み立て、運用、維持、修理がはるかに容易になります。メリットはそれだけにとどまりません。高度な装置や複雑な技術を利用する場合、技術スタッフ側にも洗練されたスキルと高水準の資質が要求されます。IO-Linkは、優れた診断機能を提供し、維持・修理作業を簡略化することで、スタッフをサポートします。これにより、運用コストが削減できるだけでなく、生産ラインの稼働時間が大幅に増加します。