光ネットワーク向けDMLおよびVCSELレーザードライバ

laser-driver-banner.jpg

IDTは、光ネットワーク用途向けに直接変調レーザー(DML)および垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)ドライバを提供しています。

IDTのDMLドライバアレイは、分布帰還型(DFB)レーザーダイオード用途専用に設計されています。この製品群には、CWDM4、PSM4、CLR4、PAM4など、100m単位から10kmまでの距離に対応する、シングルチャネルおよびクワッドチャネルソリューションが含まれています。DMLドライバはQSFPまたはその他のフォームファクタに統合することで、最大28.05Gbpsのビットレートでクライアント側をサポートします。

IDTのVCSELドライバは、イーサネットおよびその他の短距離用途向けに設計されています。IDTのシングルチャネルおよびマルチチャネルデバイスによるVCSELドライバ製品群は、データーセンターおよび消費者市場に対応する、高性能、高データレート、低電力、低エミッションのソリューションを提供します。IDTのVCSELドライバとTIA+PAレシーバアレイが、チップ間、ボード間、システム間のオプティカルインターコネクトを可能にし、銅線の制約から解放し、EMIと電力消費を大幅に低減させながら、高データレートを実現します。