オプティカルクロックおよびデータリカバリ(CDR)/リタイマ

optical-cdr-retimer-banner.jpg

IDTは、リミティングおよびリニア用途向けに高性能のオプティカルクロックデータリカバリ(CDR)/リタイマデバイスを提供しています。出力ジッター、ジッター耐性、レシーバ感度、電力消費に優れたIDTのオプティカルCDRは、伝送損失を補償してクロストークとジッター量をリセットしながら、高速シリアルリンクの品質とリーチを向上させます。この製品群には、100G~400Gデータセンター用途向けのシングルチャネルおよびクワッドチャネルソリューション 、アクティブ光ケーブル(AOC)およびプラガブルが含まれており、CWDM4、PSM4、CLR4など、100m単位(SR)から10km(LR)までの範囲をカバーします。

クロックおよびデータリカバリ(CDR)、リタイマについて

オプティカルクロックおよびデータリカバリ回路(CDR)は、ファイバチャネルリンクの終点にある光トランシーバに接続することで、シリアルデータストリームからタイミング情報を抽出し、受信側回路が送信データをデコードできるようにします。「リタイマ」という用語は、回復したシリアルデータをCDRがローカルの基準クロックに同調させて再送信することを意味します。IDT製品はCDRとリタイマの機能を併せ持つため、信号のクリーンアップとジッターの低減に有効であり、高速ネットワーキングプロトコルの厳格なパフォーマンス要件にも対応します。