T1/J1/E1 インタフェース製品

IDTはアナログフロントエンド(AFE)、ラインインタフェースユニット(LIU)、トランシーバとも呼ばれるフレーマとLIUプラスフレーマを含むT1 / J1 / E1インタフェース製品を提供しています。AFEはラインインターフェイスユニット(LIU)のアナログ部分であり、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)などのデジタルロジックのみを含む別のデバイスにクロックおよびデータリカバリ(CDR)が提供される場合に使用できます。IDTのラインインターフェイスユニットは、1〜28ポート密度で提供されます。これらの製品は、E1、T1、J1として知られる2.048Mビット/秒および1.544Mビット/ 秒レートをサポートしています。これらは異なるネットワークタイプ間でデジタルメディアストリームを変換するマイクロ波輸送システム、無線基地局、メディアゲートウェイなどの有線および無線システムに使用されています。

Download the "IDT Timing Fabric Products for Communications Equipment Overview" brochure here!