DDR2向けソリューション

ddr2-memory-solutions-category-banner.jpg

IDTは、DDR2向けのPLL、レジスタ、アドバンストメモリーバッファ(AMB)、温度センサーを提供しています。

DDR2アドバンストメモリーバッファ(AMB)

JEDECアドバンストメモリーバッファ(AMB)仕様に完全準拠したIDTのAMBは、サーバやワークステーション、通信機器など、高度な性能と大容量メモリーを必要とする広帯域幅アプリケーションにとって不可欠な構成要素です。FB-DIMMチャネルアーキテクチャにより、メモリーコントローラとモジュール間でポイントツーポイント型の高速シリアル接続が実現するため、速度を損なうことなく、単一システム内で大量のDIMMを使用できます。

IDT AMBのその他の主な特長:

  • 超低消費電力のAMBソリューション
  • 主要プラットフォームシステムを対象に優れた実績を誇る信頼性
  • 最新AMB+デバイス向けの内蔵ヒートスプレッダ(IHS)オプション
  • x最適な性能を実現する高精度な内蔵温度センサー
  • クアッドランク、DDR2 533/667/800動作
  • 最大32のFB-DIMMメモリースロットを駆動できる独自のDDR2アーキテクチャ
  • チップ内部でデータをバッファし、次のDIMMやメモリーコントローラとデータを送受信

DDR2温度センサー

IDTは、最高レベルの温度読み取りが要求されるアプリケーション向けに、精度最大±0.5℃(標準)のデジタル温度センサー製品を提供しています。この低消費電力・高精度の温度センサーファミリは、DDR2/DDR3メモリーモジュール、ソリッドステートドライブ(SSD)、コンピュータのマザーボードなどをターゲットとしています。温度センサーは、PCI Express®、信号インテグリティ、パワーマネジメント、タイミングなどのIDT製品を補完し、エンタープライズコンピュータソリューション向けに最適化された多様なアプリケーションを実現します。