マルチチャンネル電源管理ソリューション(PMIC / PMU)

Multi-channel PMIC Solutions for Portable Processors

IDTは、次世代の携帯型/据置型電子機器に求められる性能、効率、機能に対応可能な集積度の高いマルチチャンネルのシステム電源管理ソリューションを提供しています。IDTのPMIC(Power Management IC)ソリューションを活用すれば、部品点数の削減や熱設計の課題の克服が可能になります。また、プリント基板配線の簡素化や、監視/制御機能の強化も図れるようになります。

携帯型機器用のマルチコアプロセッサに向けた高度でスケーラブルな分散型電源管理

「IDT P9145」は、スケーラブルでプログラマブルなマルチチャンネル対応のPMICソリューションです。Intel® Atom™をベースとするSoCの新世代品(22nmプロセス以降)に求められる 要件を満たせるよう設計されていることを1つの特徴とします。IDTが特許取得済みのインテリジェントでスケーラブルな分散型の電源製品であり、アプリケーションのニーズに応じて出力電流を増加させることができます。またIDT P9145によって制御する外付けの分散電源(コンパニオンチップ)として、複数の「IDT P9147」を追加で組み合わせることが可能です。その場合、それぞれのIDT P9147により、最大6Aの出力電流を得ることができます。このような機能を備えることから、IDTのPMICソリューションを利用すれば、AtomベースのSoCに必要な電力が増大しても、それに対応可能な最適な設計が行えることが保証され、開発におけるリスクを最小限に抑えることが可能になります。さらに、モジュールとして電源ICを追加できるという特性を持つことから、POL(Point-of-Load)での電源供給、プリント回路基板における配線/放熱において大きな柔軟性を得ることができます。

Download:Highly-Integrated PMIC for Enterprise SSD and Computing Applications (PDF | English, 简体中文)

IDT社が特許を保有する電源技術について、詳しくはこちらから