IDTは、ワイヤレス充電アプリケーション向けのワイヤレス給電トランスミッタICソリューションの業界リーダーです。さまざまな入力電圧やコイル構成においてQi規格がサポートされるため、OEMやODMはあらゆるQi準拠ポータブルデバイスに完全対応する充電装置を開発することができます。IDTのワイヤレス給電トランスミッタソリューションは、充電マット/パッド、公共施設、オフィス家具、PCドック、その他さまざまなポータブル電子充電システムなど、多様なワイヤレス充電アプリケーションに適しています。

詳細はこちら: ワイヤレスバッテリ充電入門
すぐに始める: 迅速なプロトタイプ作成を実現するリファレンスキット
ダウンロード: IDT - The Leader in Wireless Power (PDF | English, 日本語, 简体中文)

Qi準拠ワイヤレス給電トランスミッタIC

IDTは業界で初めて、Qi準拠ワイヤレス給電トランスミッタICをシングルチップの高集積ソリューションとして設計しました。それにより、システムの複雑さを軽減し、PCBのルーティング制約を緩和し、部品表(BOM)を簡素化することができます。最新のIDTワイヤレス給電トランスミッタICにはARM®プロセッサが搭載されており、シングルコイルとマルチコイルのWPCリファレンスコイルが柔軟にサポートされています。IDTのデバイスはさまざまなタイプのトラベルアダプタで動作し、各種の独自の充電モードに対応しています。IDTのトランスミッタについては、回路図、コンパクトなレイアウト、ガーバーファイル、詳細なBOMと評価ガイドを揃えた、実証済みの完全なリファレンス設計が公開されています。システム設計者はこのリファレンス設計をシステムに導入することで、設計プロセスを簡素化し、製品化までの時間を短縮できます。

ワイヤレス給電トランスミッタについてワイヤレス給電トランスミッタICは、誘導コイルを使用して電力をワイヤレスで伝送するためにDC入力電源をAC信号に変換し調整する、インテリジェントなデバイスです。このデバイスは一般的にシングルコイルとマルチコイルの構成をサポートするように設計されており、用途に応じて異なるDC入力電圧用に最適化できます。ワイヤレス給電トランスミッタICには、ハーフブリッジインバータが搭載されている場合もあれば、外部インバータを使用する場合もあります。優れたワイヤレス給電トランスミッタICには、QiやPMAなどのワイヤレス給電規格への準拠に必要なすべての通信、制御、安全機能が組み込まれています。