可変利得アンプ(VGA)

rf-vgas-category-banner.jpg

IDTは、利得が減少してもノイズが劣化しない画期的な FlatNoise™ 技術を搭載したデジタル制御中間周波数(IF) 、無線周波数(RF)および可変利得アンプ(VGA)を提供しています。 IDT の低ノイ ズデバイスはサービス品質(QoS)を向上し、ダウンストリーム・データコンバータの信号対雑音比(SNR)要件を緩和することでシステムコストを軽減します。

IDT のデジタル可変利得アンプの一部には、特許取得済みの Glitch-Free 技術が搭載されており、最上位ビット(MSB)の遷移時に過渡的な「グリッチ」を最大95%低減することにより、送信パスまたは受信パスからのオーバーシュート(グリッチ)の減衰設定を省きます。 IDT の IF VGA および RF VGA   は、携帯電話基地局にあるレシーバおよびトランスミッタ システム   およびその他の無線インフラ装置に理想的な製品です。  

可変利得アンプについて (RF VGA または DVGA)

RF システム(RF VGA)用の可変利得アンプは、同じパッケージにアンプ(利得デバイス)とアッテネータを単純に組み合わせたものと考えることができます。 デジタル制御を利用する装置は、デジタル可変利得アンプ(DVGA)と呼ばれます。 この機能は、トランスミッタまたはレシーバのいずれかに使用され、減衰値を増減することによって、シグナル チェーンに調整可能な利得要素を追加します(わずかな利得または多くの利得のいずれか)。