光センサー

optical-sensors-category-banner.jpg

IDT の光センサー製品ポートフォリオは、UVA および UVB 光センサー、周囲光センサー、RGB カラーセンサー、近接センサーで構成されています。 周囲光センサーIC(ALS)と近接センサー IC は、モバイル機器の高度な表示制御を可能にします。 RGB センサー IC はカメラのフラッシュと画質を改善し、UV センサー IC は UVA と UVB の暴露に関する正確な情報を提供します。

ウェルネスの改善のための UVA および UVB 暴露の測定

UV 線に関連するリスクは、その暴露量に関係なく、十分に文書化されています。 過度の露出は皮膚がんにつながる可能性があり、露出不足は季節性障害(SAD)や低レベルのビタミンDをもたらす可能性があります。IDT の UV センサー IC は UVA と UVB の光スペクトルを正確に感知し、 UV 曝露に伴うリスクを避けることができます。 健康およびウェルネスの分野に加えて、UV センサーはアプリケーションでの「状況認識」を可能にします。

ダウンロード先: The IDT Consumer Products Advantage (PDF)

紫外(UV)センサについて

紫外線は、波長が 10 ~ 400   ナノメータのものと広義で定義されています。 しかし、最も一般的な UV 範囲は、UVA(315〜400nm)と UVB(280〜315nm)です。 UV センサは、これらの一般的な UV 範囲の検出を可能にし、UV 放射の強度を検出するために使用されます。 UVA または UVB 紫外線への過度の露出に伴う健康リスクを考慮すると、UV センサは UV 暴露の監視を目的とした消費者および安全性へのアプリケーションなど、さまざまな用途を見出すことができます。