磁石不要のインダクティブポジションセンサーIC

position-sensors-category-banner.jpg

IDTのインダクティブポジションセンサーソリューションは磁石不要で、材料コストを大幅に削減しながら、浮遊磁場耐性を提供します。これは多くのアプリケーション、特に車載にとっては必須の要件です。インダクティブポジションセンサーは、磁石の替わりに低コストPCBベースのコイルとシンプルな金属ターゲットとのインタフェースを提供します。回転軸端(軸上)センサー、ロータリーサイドシャフト(軸外)センサー 、リニアモーションセンサー、アークモーションセンサーなどがあり、微小角度から最大360°の絶対角度までを検知します。このデバイスは車載品質(ISO11452-8)に準拠しており、車載、産業、民生用など幅広いアプリケーションに適しています。

IDTのインダクティブポジションセンサーソリューションのメリット

IDTのインダクティブポジションセンサーは、従来のホール効果センサーやxMRセンサーに比べて多くのメリットがあります。主なメリットは次の通りです:

  • 磁石不要でコストを削減
  • 浮遊磁場耐性とISO11452-8準拠
  • 過酷な環境での広い動作温度範囲
  • 超薄型ポジションセンサーの設計オプション(〜2mm)
  • 機械的なミスアライメントの許容差
  • フルスケール出力で±0.2%以内の精度
  • 軸上および軸外センサーの設計用の単一IC
  • i>
  • AEC-Q100車載認証
  • i>
  • すべての角度範囲で最高の解像度を実現

非接触インダクティブポジションセンサーICについて

最も基本的な機能としては、ポジションセンサーは、移動する物体の位置に基づいて測定データを提供する任意のデバイスです。従来の磁石ベースのソリューションは、移動磁石の変位または回転によって誘導される磁場振幅の変動を利用して角度位置を測定します。しかし、これらのソリューションは高価であり、動作温度の制限があります。IDTの非接触、磁石不要のインダクティブポジションセンサーICは、薄いPCBベースのコイルと金属ターゲットとのインタフェースを提供し、位置を決定し、正確な位置データをシステムに戻します。これらのインダクティブ非接触型ソリューションは、コスト、温度範囲、信頼性、設計の柔軟性、および浮遊磁場に対する耐性において大きな利点を提供します。.