IDT社、pMEMS(TM)べースのタイミング・ソリューションによって業界をリードする タイミング・ポートフォリオを拡張、水晶振動子と発振器の30億米ドルの置換市場に注力

2011年12月1日

ミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供するthe Analog and Digital Company™のIDT®社(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、ピエゾ圧電の微小電気機械システム(pMEMS)共振器を組み込んだ世界初の商業用発振器を開発し、デモンストレーションしたと発表しました。この発振器は、pMEMS共振器の固有振動数が高いという長所を利用し、任意のアプリケーションにおいて従来の水晶ベースの発振器を置き換えられるように最適化しました。

IDT社のpMEMS共振器は、圧電素子の強い電気機械的カップリングと、単結晶シリコンの安定性と低ダンピングを組み合わせることで、比類ないパフォーマンスと信頼性を備えた、受動素子の周波数源を形成します。このデバイスは、衝撃や振動に対する高い信頼性や耐性を要求するクラウド・コンピューティング設計、複数の出力を要求する民生用アプリケーション、低い位相ジッターが必要な通信/ネットワーク設備に理想的なデバイスです。

「シリコン・タイミング・ソリューションのリーダーとして、MEMSは、当社の製品提供の幅をいっそう広げる自然な前進です。この製品は、30億ドルの水晶置き換え市場に向けたもので、業界をリードする当社のCrystalFree(TM) CMOS発振器製品群を補うものです。当社のピエゾ圧電MEMS技術は、社内開発の積み重ねによるものであり、現在までに40件以上の特許を取得または申請中です。このMEMSタイミング市場は今後の数年にわたって急速に成長すると予想されます。当社は、優れた技術と大きな付加価値で大きなシェアを獲得する計画です」と、社長兼CEO(最高経営責任者)のTed Tewksbury(テッド・テュークスベリー)博士は語っています。

「MEMSタイミングは、水晶発振器と水晶に対抗して、市場シェアを拡大しています。すなわち、民生用のデバイスから通信インフラやハードディスク装置まで広がってきています。72.3%と驚くべき年平均成長率(CAGR)は成長率で、売り上げは2010年の1350万ドルから2015年には2億500万ドルへと成長するでしょう」とIHS iSuppli社のMEMS&センサーのディレクタ兼プリンシパル・アナリストの Jérémie Bouchaud(ジェレミ・ブショー)氏は述べています。

肉眼で見えないIDT社の受動素子のpMEMS共振器は、世界で最も小さなハーメチックシール(気密封止)のウエハー・レベル・パッケージ(WLP)に収めた共振器で、より大きな水晶振動子の置き換えに最適な製品です。IDT社のpMEMS発振器は、この共振器の技術を業界標準のピンおよび機能互換性があるプラスチック・パッケージに収めました。水晶発振器に比べて、システム設計の柔軟性を高め、開発期間の短縮に貢献するでしょう。

詳細はIDT社ホームページのpMEMSソリューション(www.idt.com/go/MEMS )を参照してください。

 
IDT社について
the Analog and Digital Company™のIDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステム・レベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これを利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供します。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点を持っています。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.IDT.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでも調べられます。

#
 
IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使われるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

Available Translations