受賞歴のあるユニバーサル周波数変換器など当社のタイミング製品のデモや
Intelプロセッサ向け電源管理ICなどを展示

2014年7月11日

IDT®社(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は、7月23日~25日に東京ビッグサイトで開催されるTECHNO-FRONTIER 2014において、2つの主要なタイミングソリューション-ユニバーサル周波数変換器(UFT™)とVersaClock® 5製品-と、電源管理IC(PMIC)のIDTP9145を展示します。

ユニバーサル周波数変換器(UFT)は、8つの異なる出力周波数を生成し、標準的な12 kHzから20 MHzの積分範囲での位相ジッターを300フェムト秒(fs)RMS未満に抑えることができる、業界初のプログラマブルなシングルチップのソリューションです。各クロック出力ごとに独立してプログラムすることができ、どのような入力周波数からでも、それぞれ、ほぼ任意の出力周波数を生成する柔軟性を持ちます。

VersaClock 5製品は、競合デバイスの半分の電力消費とクラス最高のジッター性能を誇るプログラマブルなクロック・ジェネレータです。この多出力のタイミングソリューションは、システムの部品を集約できるように設計柔軟性が優れているため、低コスト・低電力の民生用途や低ジッターの通信用途に最適です。

これら2つのタイミング製品のプログラマビリティをデモで体験していただけます。

また、Intel® BayTrail Atom™プロセッサ向けに設計されたプログラマブルな多チャネル電源管理ソリューション、IDTP9145も展示予定です。このデバイスは、高い性能要求仕様を満たすとともに、優れた統合性によってシステムの基板面積と部品表(BOM)コストを最小化できるよう設計されており、電圧制御、電源シーケンス管理、アナログ・デジタル変換、GPIOなどのサブシステムが含まれます。用途ごとに異なるシーケンスと出力電圧の要件を満たすよう工場出荷時プログラムが可能です。

展示会名:    TECHNO-FRONTIER 2014 (公式サイト:http://www.jma.or.jp/TF/)
会  期:    2014年7月23日(水)~25日(金) 10:00~17:00
会  場:    東京ビッグサイト東1ホール ブースNO.1H-211

IDT社について
IDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.idt.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでもお調べいただけます。

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-6453-3039 FAX: 03-6453-3011 
E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations