IDT社は次世代型の革新的なワイヤレス給電ソリューションと共に、
受賞歴のあるワイヤレス給電トランスミッタおよびレシーバを展示

カリフォルニア州サンノゼ2013年7月2日 – 「The Analog and Digital CompanyTM」として本質的なミックスド・シグナル半導体ソリューションを提供するIDT®(Integrated Device Technology, Inc.)(ナスダック: IDTI)は、7月17日~19日に東京で開催されるTECHNO-FRONTIER 2013において、最新の次世代型ワイヤレス・パワーソリューションと共に、受賞歴のあるワイヤレス・パワートランスミッタおよびレシーバをデモ展示いたします。

         ブースでは、電磁誘導方式に基づく業界初の単一チップワイヤレス・パワートランスミッタIC(IDTP9030)とマルチモードレシーバ(IDTP9020)に加え、WPC(Wireless Power Consortium)とPMA(Power Matters Alliance)の両規格に準拠した業界初のデュアルモード・ワイヤレス・パワーレシーバICなどのその他の磁気誘導ソリューションもデモ展示いたします。 さらに、Tx-A5とTx-A11(5 Vシングルコイル)およびTx-A6(12 Vトリプルコイル)コンフィギュレーションなど、様々なWPCコイルコンフィギュレーションに準拠したワイヤレス・パワートランスミッタのソリューションを展示いたします。 IDTブースで、IDTのワイヤレスパワー専門家とお話しください。また、IDTのソリューションの優位性をご覧ください。

         またTECHNO-FRONTIERでは、レガシーの水晶ベースの発振器に急速に取って代わりつつある、革新的なMEMS発振器ファミリなど、IDTの主力製品であるタイミングのポートフォリオの一部も展示いたします。

          TECHNO-FRONTIER 2013は7月17日~19日に東京ビックサイトで開催されます。 IDTのブースは東1ホールのブース1A-207です。

IDTについて:

         The Analog and Digital Company™のIDT(Integrated Device Technology, Inc.)は、お客さまのアプリケーション用に最適化したシステムレベルのソリューションを開発しています。 IDTは、タイミング、シリアルスイッチイング、およびインタフェースにおける市場リーダーシップを活用し、アナログやシステムに関する専門技術を加え、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定のアプリケーションに完全に最適化されたミックスド・シグナルのソリューションを提供します。 本社を米国カリフォルニア州サンノゼに置くIDTには、世界中に設計、製造、および販売拠点があり、製品はIDT Direct™からもご購入いただけます。 IDTの株式は「IDTI」の銘柄でNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。 IDTに関する詳細は、www.IDT.comをご覧ください。 FacebookLinkedInTwitter、およびYouTubeでも当社をご覧いただけます。

###

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使われるその他のブランド名、製品名、およびマークは、各所有者の商標または登録商標である可能性があります。

Available Translations