2012年6月8日

ミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供するthe Analog and Digital Company™のIDT®社(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、同社の革新的なワイヤレス・パワー・トランスミッタおよびレシーバ製品が、第18回半導体・オブ・ザ・イヤー(主催:半導体産業新聞)の半導体デバイス部門で優秀賞を受賞したと発表しました。

「この賞は、IDTが提供する新しいワイヤレス・パワー・ソリューションが、従来の設計思想を根本から変える特徴と性能を有していることの証明です。IDTのQi規格に準拠したワイヤレス・パワー・トランスミッタはサンプル供給を開始しており、実装面積や部品点数の大幅な削減を実現します。ワイヤレス・パワー・レシーバは、トランスミッタと組み合わせることにより、安全性の向上と追加機能を実現するマルチモード動作を提供します。」とアナログ・アンド・パワー部門のジェネラル・マネージャ兼バイス・プレジデントのArman Naghavi(アーマン・ナガビ)は述べています。

半導体・オブ・ザ・イヤーは、日本の半導体業界、特に日本市場において重要な最新の機器・産業に貢献した製品や技術の功績を讃え、広く世に発表することを目的として1994年に創設されています。第18回を迎える今回は、2011年4月~2012年3月までに発表された新製品や新技術から受賞者を選出、IDT社のワイヤレス・パワー・ソリューションは半導体デバイス部門の優秀賞に選ばれました。

IDTP9030は、最も高集積化された、ワンチップのワイヤレス・パワー・トランスミッタ製品として、多くのディスクリート部品を集積し、高効率でコスト効率の高いソリューションを提供します。IDTP9030により、お客様はQi準拠またはマルチモードのワイヤレス充電台をより容易に開発することが可能になります。これらのワイヤレス充電台は、家庭、オフィス、図書館、店舗、公共の待合所、自動車内、空港、飛行機の座席など、様々な場所に設置することができます。

IDTP9020は、高効率なワンチップ・ワイヤレス・パワー・レシーバ製品で、マルチモード動作により、IDTP9030を補完します。内蔵されているプロトコル検出機能により、Qiモードと独自モードを動的に切り替えるので、IDTP9030と組み合わせて使用することにより、業界で最も効率的なエンド・ツー・エンドのワイヤレス・パワー・ソリューションが実現できます。

製品についての詳細は、IDT社のホームページ(www.idt.com/go/wirelesspower)をご参照ください。

IDT社について the Analog and Digital Company™のIDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステム・レベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これを利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供します。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点を持っています。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI。IDTに関する詳しい情報はwww.IDT.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeでも調べられます。

##

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使われるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイ・ビルディング1F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-5740-3145 FAX: 03-5740-3103 
E-mail: mayumi.honda@idt.com

Available Translations