500fsec未満の位相ジッター性能と低動作消費電力性能の組み合わせにより、高性能アプリケーション向けの次世代プログラマブルタイミング製品を実現

IDT®社(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、要求の厳しい高性能アプリケーションで求められる柔軟かつ低消費電力のタイミング機能を実現するVersaClock® 6プログラマブルクロックジェネレータ・ファミリを発表しました。500fsec(フェムト秒)未満のRMS位相ジッター性能を備えるVersaClock 6デバイスは、受賞歴のあるIDTのVersaClockファミリの中で過去最高となる性能を実現し、ジッター性能、柔軟性、および低動作消費電力性能を比類のない水準で兼ね備えています。

 12kHz~20MHzの全積分範囲にわたって500fsec未満のRMS位相ジッター性能を実現する新デバイスは、10G Ethernetやエンタープライズ・ストレージSAS/SATA、PCI Express Gen 1/2/3、XAUI、SRIO、厳格なPHYリファレンスクロック、最新世代のハイエンドFPGAといったアプリケーションや規格で求められる厳格なジッター/位相ノイズ要件を満たしつつ、競合デバイスに比べて半分のコア消費電力で動作します。デバイスのコア消費電流は30mAに抑えられているため、システムレベルの温度制約が緩和され、運用時の電力コストが削減されます。また、VersaClock 6デバイスは、VersaClock 5デバイスとのフットプリント互換性を維持しており、最小限の設計変更で性能を拡張できます。

 IDT社のマルチマーケットタイミング部門ゼネラルマネージャであるKris Rauschは、次のように述べています。「最新のVersaClockデバイスは、プログラマブルクロックジェネレータ向けに圧倒的な性能と比類のない省電力性能を実現します。VersaClock 6デバイスは、システムに求められる厳格なジッター要件と低消費電力要件を満たしつつ、ボード面積と部品コストを削減します。低位相ジッターと低消費電力の優れた組み合わせにより、VersaClock 6デバイスは、高性能な民生機器、ネットワーク、コンピューティング、産業、通信といった市場に理想的です」

 VersaClock 6プログラマブルクロックジェネレータは、ユニバーサル出力ペアを備えており、それぞれ独立してLVDS、LVPECL、HCSL、またはデュアルLVCMOSとして構成可能です。また、各出力ペアは、それぞれ独立して1~350MHzの出力周波数を生成することができます。新デバイスファミリの製品は、次のとおりです。

  • 5P49V6901:出力×4(周波数は設定可能)
  • 5P49V6913:出力×2(周波数は設定可能)
  • 5P49V6914 :出力×3(周波数は設定可能)

 VersaClock 6は優れた柔軟性を備えており、費用対効果に優れた方法で、必要な機能をそのとおりに実装することができます。また、比類のないRMS位相ジッター性能により、高性能アプリケーションの要件に対応することが可能で、位相ノイズ性能も、最新のFPGA仕様を満たしています。

 4mm×4mm 24ピンのVFQFPNパッケージで提供します。

 VersaClock 6 の製品についてこちらの動画でも紹介しておりますので、ご参照ください。

IDTのクロック・タイミング・ソリューション

 IDT社は、タイミング分野向け半導体製品の世界的リーダーです。その製品ポートフォリオは、この分野の競合企業と比べて10倍以上の規模を誇ります。それにより、事実上あらゆるアプリケーション・ニーズに応えられる特別な企業としての地位を得て、業界で最大の市場シェアを獲得しています。IDT社は、タイミング分野で唯一の“ワンストップ・ショップ”として、完全なシステム・ソリューションから単体のクロック生成用デバイスまで、多様な製品を提供しています。工場からの出荷時に設定可能なオプションや、カスタマイズ可能なクロック・ソリューションによって個々のお客様の要望に応えるとともに、競合企業との差別化を可能にするジッターー性能や消費電力性能を備えた製品を提供します。各製品のサポートは、世界レベルの専門技術と責任感を併せ持つチームが担当します。業界をリードするIDT社のタイミング製品ポートフォリオについては、www.idt.com/go/timingをご覧ください。

IDT社について

 IDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.idt.comをご覧ください。FacebookLinkedInTwitterYouTubeGoogle+ でもお調べいただけます。

  IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

《本プレスリリースに関するお問合せ先》

日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社

〒105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F

マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美

TEL: 03-6453-3039 FAX: 03-6453-3011 E-mail: mayumi.honda@idt.com

 

 

Available Translations