distributed-power-technology-category-banner.jpg

IDT’のインテリジェントでスケーラブルな分散型電源技術は、増大した電力出能力に対応しており、ITD のコンパクトな外部アドオン電源との接続と制御のための’通信ライン付きメイン PMIC から構成される、電源管理ソリューションです。異なる用途には異なる PMIC が必要な従来のソリューションとは違い、IDT の’スケーラブルなソリューションは、電力需要が増しているさまざまなプロセッサ・プラットフォームに対応する、再利用と再最適化が可能な単一の PMIC で、開発時間と開発リスクを最小限に抑えます。さらに、アドオン電源モジュールの分散特性が POL 電源制御、回路基板ルーティングおよび熱分散に多大なメリットを与えます。IDT の’革新的なアプローチは、ポータブル・マルチコア アプリケーション・プロセッサにとって理想的なソリューションとなっています。

一般的な運用回路

上の回路は、IDT の PMIC と電源の’一般的な運用例を示したものです。ドライバ - MOSFET(DrMOS)ソリューションとは違い、IDT の’ソリューションは、不安定なアナログ・フィードバック・トレースや個々のパルス幅変調(PWM)ライン接続のない、独自の 2 本線インターフェースを活用しています。これによって、簡潔なルーティングや制御の向上が可能になっています。さらに、追加フェーズの過渡電流と電圧が隣接区域の電源からも供給されるため、’ EMI を最小限に抑え電磁誘導障害を避けることができます。

現在、最大 8 つのデバイスを PMIC の’既存 DC/DC スイッチング・レギュレータに追加することができ、最大 48A の追加ピーク電流(または 28A の直流)を流すことができます。ホスト PMIC と組み合わさった複数の電源は、フェーズをシームレスに有効化/無効化する一方、継続的に必要な電圧を供給します。外部電源の他の機能として、電流制限制御、熱断熱、低電圧ロックアウトなどがあります。

Atom Soc ® 用にインテルが™ 認可したシステム

インテル社は、IDT をインテリジェントでスケーラブルな分散型電源技術に基づいた、Atom-SoC プラットフォーム向けの洗練された総合システム電源ソリューションの主要 PMIC ベンダーとして選定しました。The P9145 は世界初の PMIC で、システム・レベルの評価をインテル社から受けており、次世代の Atom ベース SoC には理想的なソリューションです。


プレスリリース / 記事:

2013 年 6 月 24日: IDT 社、インテル Atom プロセッサベース・アプリケーション向けに認証された、® 革新的な電源管理ソリューションを™ 発表

2013 年 4 月 26 日: IDT 社、’ポータブル・マルチコア・アプリケーション・プロセッサ向けの革新的な特許取得済み分散型電源技術による世界初の電源管理ソリューションを発表